プロフィール

はる

Author:はる
旦那様の海外留学にくっついてスイス・チューリッヒへ!!
英語はカタコト、ドイツ語は全くわからないままに生活スタート.
わからないことだらけですが、2014.04~2016.03までの2年間のスイス生活&主婦生活楽しみたいと思っています☆
デジタル一眼レフくんを相棒にスイスでの生活を記録していきます♪

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

お問い合わせや直接の連絡などは、こちらにどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

【スイス情報.com】


【スイス情報.com】のスイス在住日本人が発行するメルマガです!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

チューリッヒ一眼レフブログ2~海外留学のおとも~
旦那様の海外留学にくっついてスイス・チューリッヒへ!! 2014.04~2016.03までの2年間、デジタル一眼レフくんを相棒にスイスでの生活を記録していきます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザクロGranatapfelの実♪
今日はなんとなく、いつも食べないフルーツを食べてみたくて、ザクロを買ってみました。
ドイツ語ではGranatapfel(種の多いリンゴという意味)というようです。


真っ赤なザクロちゃん。
DPP_3385.jpg

割ったらこんな感じに実がぎっしり。
DPP_3386.jpg

プチプチ皮から実をはずしたらこんなにたくさん。
DPP_3387.jpg


最近旬なのかこちらではよく見かけるのですが、日本ではあまり売っているのを見たことがなくて(私があまり都会に住んだことがないからかも)、初めて自分で買って食べてみました。
思ったよりも全然すっぱくなくて甘くてジューシーで、とっても気に入りました。
種があるけれど、そのまま食べちゃってます。
皮から実をプチプチ外すのも楽しいし、外してお皿に入れておけばいつでも食べやすくていいです♪
あまり日本でなじみのなかった果物もいろいろ試してみよう~と思います。


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
手作りアドベントカレンダー♪
10月も終わりに近づいてきて、街やお店がクリスマスムードになってきました♪


私もささやかでもクリスマスを楽しみたいなぁと思っていて、去年はクリスマスリースを手作りしたのですが、今年は何をしようかな~と思って、アドベントカレンダー作りに挑戦してみることにしました。
アドベントカレンダーは日本にいたころはあまり馴染みがありませんでしたが、12月になったらクリスマスまでの一日一日をカウントダウンしていくカレンダーです。
こちらに来てからはかわいいものがたくさん売られているのを見かけて、ほしいなぁ~と思っていたのですが時間もあるし手作りしてみることにしました。


MigrosのDo it Gartenやかわいい雑貨屋さんで材料を集めました。
Lowenplatzの近くの「Confo DECO」という雑貨屋さんがとってもかわいくて、お値段も結構お手頃でした!
http://www.confodeco.ch/?lang=DE


そして、いよいよ作業開始。
DPP_3378.jpg

厚いフェルトを台紙にして、クリスマスツリーの形に。
DPP_3382.jpg

木のプレートに日付のシールを貼って、
DPP_3383.jpg

その木のプレートをツリーの形の台紙にぶらさげる予定です♪
DPP_3384.jpg


思った通りいかなくて苦戦していたところもありますが、なんとかなりそうです!
一日では全然終わらなかったので、また次回に持ち越しです。
ああでもないこうでもないと試行錯誤しながら作るのはなかなか楽しくて、作ったものにも愛着がわくしいいなぁと思います。
クリスマスまではまだ先ですが、ゆっくり楽しみたいと思います♪


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

チューリッヒ大学植物園♪
チューリッヒは今日もポカポカといいお天気でした。
今週はいいお天気の日が多くてうれしいです。


今日はチューリッヒ大学の方からセミナーのご連絡をいただいて、参加させてもらってきたのですがその前にチューリッヒ大学植物園Botanischer Garten Universitat Zurichをぶらっとお散歩しました。
http://www.bg.uzh.ch/index.html
無料で入れる植物園で、とっても広い敷地にたくさんの植物が植えられていました。
DPP_3367.jpg

DPP_3366.jpg
地球上のあらゆる気候で育つ約9,000種類もの植物が植えられているのだそうです。


今は紅葉の時期なので、木々が赤や黄色に染まって落ち葉の絨毯が広がってとってもきれいでした。
DPP_3376.jpg

DPP_3375.jpg

温室もありました。
DPP_3368.jpg

DPP_3369.jpg

お魚の水槽もあったり。
DPP_3374.jpg

食虫植物たち。
DPP_3370.jpg

DPP_3371.jpg

サボテンくん。
DPP_3373.jpg

DPP_3372.jpg
なかなかの充実具合で、これで無料はいいなぁと思いました。


今日はセミナーの前に少しぶらっとしただけなのですが、またゆっくりお散歩しに来たいなぁと思いました。
温室は暖かいので、冬のお散歩途中に立ち寄るのにぴったりかもしれません♪


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

インド料理レストラン「Bombay Blue」♪
今日はお友達とインド料理レストラン「Bombay Blue」のビュッフェに行ってきました!
http://www.bombayblue.ch/
Limmatplatzから徒歩5分くらいのところにあるお店で、ドイツ語学校の近くなので前から気になっていました。
火曜日と日曜日の夜は25フランでビュッフェが食べられるようだったので行ってみました♪


カレーがメインのビュッフェで、2種類のご飯に、お豆のカレー、エビのカレー、チキンカレー、おいものカレー、インゲンの炒めもの、ほうれん草と豆腐の和え物、ライタ、タンドリーチキン、インドのさつま揚げ?かきあげ?のようなもの、焼きたてのナン、などが何度でもお変わり自由でした。
DPP_3365.jpg
ひとつひとつ、ちょっと味が濃い目でしたが、ココナッツミルクが主張しすぎてなくて、ココナッツミルクが強すぎるのが少し苦手な私にはとってもちょうどよくておいしかったです。
エビのカレーとインゲンがお気に入りでした。
そして一番は焼きたてのナン!
アツアツで、表面がパリッとしていて、何枚でも食べられそうなくらい、とってもおいしかったです。
今まで食べたナンの中でベスト!でした。
私は飲み物はビールを頼んだのですが、お友達がと飲んでいたマンゴーラッシーも、少し味見させてもらったら、すごく濃厚でカレーにぴったりでした。


もうすぐナン焼けるよ~、とか、エビのカレー追加が出るよ~など親切に声をかけてくれる、ちょっと適当だけどおもしろい店員さんもいてなかなか親しみやすい雰囲気のお店でした。
すべてのカレーが辛みはほとんどなくて、辛くしたかったら自分で辛いソースをかけられるようになっていて、辛いのが苦手な人にもいいな~と思いました。


お友達とおしゃべりしながらご飯を食べて、とっても楽しいひとときでした。
今日はドイツ語学校で、授業中割とスムーズにいろいろ話もできたし、ディナーも楽しくて充実した1日でした♪


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

レストラン「HILTL」でブランチ♪
昨日はお友達と、レストラン「HILTL」でブランチしてきました。
日曜日に予定があるのはかなり珍しいのでウキウキ!
そして名前は前から聞いていたけれど「HILTL」に行くのは初めてだったので、楽しみに出かけました♪


今回は、新しくできたDachterrasseの「HILTL」に行きました。
http://www.hiltl.ch/en/dachterrasse

「HILTL」はビュッフェ形式のベジタリアンレストランでした。
サラダや揚げ物、カレー、パスタ、デザートまでいろいろな種類があって量り売りのビュッフェでした。
盛り方があまりきれいではないですが、いろいろ試してみたかったのでちょこちょこ盛ってみました。
DPP_3364.jpg
以前行ったことのある「Tibits」と似たラインナップで、ひとつひとつの味はとてもおいしかったです♪
そして、私たちはちょっと寒かったので中のお席に座ったのですが、あたたかい日なら開放的でおしゃれな雰囲気のテラス席も素敵だなと思いました。


初めてお会いする方もいらしたので私はまたやや人見知りぎみでしたが、いろいろとお話しながらとても楽しい時間でした。


お誘いしてくださったお友達、本当にありがとうございました。
お店もあまりやっていなくて家でゴロゴロして過ごしがちの日曜日ですが、昨日は素敵な予定があってよかったです♪
その後とてもいいお天気だったので、日光浴しながら湖畔をお散歩してとっても気持ちよくてよい日曜日でした!


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

見慣れぬ野菜、フェンネル(Fenchel)
最近、あまり日本で見ない野菜を買ってみたい欲が高まっていて、今日はフェンネル(Fenchel)をMIGROSで買ってみました。
DPP_3363.jpg


日本語ではウイキョウだそうです。
ウイキョウって生薬としても用いられていますね。
生薬で用いられるのは果実ですが、芳香健胃作用、だったような…


どうやって食べるのかよくわからなくて、とりあえずクックパッドで検索!
「フェンネルを初めてお料理する人に贈る基本のレシピです。」というコンソメスープのレシピを見つけたので作ってみました。
アニスっぽい爽やかな香りが私は結構好きでした♪
前にお友達のおうちで、このフェンネルの炒めものを食べておいしかった記憶があるので、残り半分はそうしてみようと思います。
日本のスーパーで見かけることのなかった野菜なので、今のうちに楽しんでみようと思います!


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

Jack-o'-Lanternを作ろう!
そろそろハロウィン!
ということで、ジャック・オー・ランタン作りに挑戦してみました。
スイスではあまりハロウィンは大きなイベントではなく、もうすでにクリスマスオーナメントやクッキー作りの材料が売られていてすっかりクリスマスムードですが、一度やってみたかったジャック・オー・ランタン作り、お友達とやろう~♪と盛り上がったので挑戦してみました。
子供のころカナダに住んでいたときに、父と母が作ってくれたような記憶はあるのですが、大人になってから自分でやってみるのは初めてです♪


まずはスーパーでかぼちゃをゲット。
小さめのものを使ってみました。
DPP_3359.jpg

下から中をくりぬいて。
DPP_3360.jpg

下書きをしてから顔を彫って。
DPP_3361.jpg

こんな感じになりました!
DPP_3362.jpg
かわいい!かな??
お口の大きめの子ができました(笑)


初めてにしては上出来です♪
乾かしてから、ろうそくをともしてみようと思います。


ずっとおしゃべりしながらジャックオーランタン作り、とーっても楽しかったです♪
秋を満喫しています(*^^*)


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

オランダ&ベルギー一人旅♪その6
オランダ&ベルギー旅行記、最終回です。


~10/15、6日目~


この日は午前中ブリュッセル観光、午後からまたバスでアムステルダムに戻り、そこからチューリッヒへ飛行機で戻りました。
ベルギーから飛行機に乗ってもよかったのですが、アムステルダムからチューリッヒまで飛ぶ方が運賃が断然安くて、ブリュッセル⇔アムステルダム間はバスでたったの8ユーロなので、アムステルダムに戻る旅程にしました。


まずはホテルをチェックアウトして、チョコレートを買いに!
いろいろ見て回った末に、ノイハウスneuhausとゴディバGODIVAで少しずつプラリネを買いました♪
DPP_3352.jpg

DPP_3353.jpg
お土産で持って帰ったのですが、買ったのの写真を撮るの忘れて主人と二人で食べてしまいました(笑)


そしてワッフルの老舗、「ダンドワDANDOY」でティータイム♪
テイクアウトもできるのですが、寒かったし座ってゆっくりしたかったので小便小僧近くのティールームのあるところでお茶しました。
サクサクのワッフルが最高でした~!
DPP_3354.jpg
11:00の開店と同時に入ったのですが、すぐに満席になってそして12:00からは大人数の予約が入っているからそれまでね、とのことだったので、早めに行って大正解でした。
ゆっくりと優雅なひとときを過ごすことができました。


そして、最後に小便小僧のジュリアンくんに挨拶をしに行こう!と思って行ったら、なんとジュリアンくん、この日はお洋服を着ていました~!
DPP_3355.jpg
わぁかわいい!
DPP_3356.jpg
観光客の皆さんも皆口々に、今日はお洋服を着てるね~(*^^*)とうれしそうに言いながら写真を撮っていてほのぼのしました。
DPP_3357.jpg
最後に見に来てよかった♪


そしてそこからブリュッセル北駅のバス乗り場まで移動して、バスでアムステルダムまで戻りました。
帰りは予定より少し早めに到着しました。


そして空港でフリッツ食べ納め!
DPP_3358.jpg
最後は定番、マヨネーズで。
スモールだけどやっぱりお腹いっぱい!
このとき夕方で、この日はワッフルしか食べていなかったのですがそれでもお腹いっぱいだったので、もっとおっきなサイズをおやつに食べている皆さんはすごいです(笑)
大好きなフリッツ、オランダでもベルギーでも思う存分食べて満足しました。


そして予定の飛行機に無事搭乗して、チューリッヒまで戻ってきました。


今回は長めの一人旅、どうかなーと思っていたのですが、全行程危険な思いもせず、ハプニングもなく、親切な方々との出会いのおかげでさみしくもなく、とーってもとっても楽しい旅になりました。
一人だと気ままだし、いろいろなことをゆっくりと考え事したりもできて、自分を見つめ直すいい機会にもなりました。
オランダ・ベルギーはどこも本当によくて、ここがよかった!とは絞りきれないくらい素敵な場所やおいしい食べ物、お酒がいっぱいでした。
はぁ楽しかった!
でも誰かと感動を共有したいなぁ~と思う場面ももちろんあったので、いつでも旅にご一緒してくださる方募集中です!


そしていつも、自分は忙しいから行けないけれど、楽しんでおいでと快く送り出してくれる主人に本当に感謝です。
じっとしていられない不良主婦(笑)ですが、たくさん楽しんだのでまた主婦業に励みたいと思います!
長い旅行記を読んでくださった方、本当にありがとうございました。


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

オランダ&ベルギー一人旅♪その5
旅行記その5です。
よかったらお付き合いください。


~10/14、5日目~


この日はブリュッセルから日帰りでブルージュBruggeとゲントGentに行ってきました。
ブリュッセルからブルージュまでは電車で約1時間で、ゲントはちょうどその中間あたりに位置します。


ブリュッセル北駅の窓口で切符を買って、電車に乗りました。
ベルギーでの電車の乗り換えや時刻はこちらのサイトを使いました。
http://www.belgianrail.be/jp/sncb-nmbs-routeplanner/query.exe/en
7時台の電車に乗ったらまだ外は真っ暗でしたが、ブルージュに到着する頃にはちょうど明るくなっていました。


ブルージュの空。
DPP_3303.jpg
不思議な秋の空でした。

そしてブルージュの駅を出て、愛の湖からマルクト広場に向かって散策を始めました。
DPP_3297.jpg

日本語で「愛の湖」と呼ばれるこの湖は、 地元の言葉では Minnewaterと呼ばれ、物悲しい悲劇の伝説が残っているのだそうです。
「ミンナというローマ人の美しい娘が、ローマとは敵である隣町の兵士である青年に恋をします。兵士が戦いに出ている間に、無理やり婚姻を結ばれそうになり逃げてきた彼女は 、すっかり弱りはて、約束通り戻ってきた兵士と再会したものの、そのままこのあたりで亡くなりました。嘆き悲しんだ兵士が彼女をそこに埋葬し、川のダムを壊して水で満たし湖を作ったといわれています。」
というお話なのだそうで、その悲しみに満ちたお話にちなんだ湖はとても静かで美しかったです。
DPP_3298.jpg

DPP_3299.jpg


そして続いて、この愛の湖に隣接しているユネスコの世界遺産にも登録されているベギン会修道院。
DPP_3300.jpg

朝だったのでほとんど人もいなくて、朝露に濡れてひっそりと静かな中庭は秋の色に染まり、落ち葉がはらはらと舞い、それはそれは美しかったです。
DPP_3301.jpg

DPP_3302.jpg
足音さえも響きそうな静けさの中をゆっくりと歩き、心静まるひとときでした。


そしてマルクト広場に向かってさらに運河に沿って歩を進めると、運河クルーズの乗り場がたくさんありました。
DPP_3305.jpg

DPP_3306.jpg


そして聖母教会に到着。
DPP_3315.jpg
中にも入れますが今は工事中でほとんどの部分が幕で覆われていました。


さらに、美しいレース屋さんや、ショコラティエの並ぶ通りを歩いて。
DPP_3304.jpg

街の中心に位置するマルクト広場に来ました。
街のシンボルの大きな鐘楼。
DPP_3308.jpg
今でもフランス・ベルギーの街々に残る50以上の鐘楼が、群として世界遺産に指定されているのだそうですが、その高さが高ければ高いほど、鐘の数が多ければ多いほど、その街の豊かさを物語ると言われ、高さ83m、鐘の数が47個というブルージュの鐘楼は、中でも最も 壮大豪華なもののひとつですなのだとか。

水曜日だったのでマルクト広場の名の通りマルクトが開かれていました。
パン屋さんでおいしそうなワッフルが売っていたので買ってみました。
DPP_3309.jpg
やっぱりベルギーといえばワッフル♪
ちゃんと温め直してくれてホカホカでした。
寒い日でしたがあったかくて甘くてフワフワのおいしいワッフルに癒されました。


鐘楼を背にした右側には、西フランダース州庁舎と、ヒストリウムという歴史博物館があり、反対側には、多くのレストランが軒を連ねていました。
DPP_3307.jpg

DPP_3310.jpg
建物が豪華でかわいくてきれい!(語彙力のなさ…)


そして、少し歩いてブルグ広場へ。
観光客を乗せて走る馬車がたくさん待機していました。
DPP_3314.jpg

ブルージュ市庁舎。
DPP_3311.jpg
14世紀に建てられた ゴシック建築なのだそうです。

市庁舎に向かって左側は、ルネサンス様式で建てられたかつての裁判所。
DPP_3312.jpg

そしてまた美しい街並みと運河、レース屋さんやショコラティエをぶらぶらと見ながらベギン会修道院の方に戻ってきて、
DPP_3316.jpg

そしてブルージュでの一番のメインイベント(私の中で)、ビール醸造所見学ツアーに参加するために、ビール醸造所De Halve Maanに向かいました。
DPP_3317.jpg
ブルージュには地ビールが700種以上あると言われているそうですが、その中でも現存する最古の醸造所がDe Halve Maanなのだそうです。
醸造所のホームページ


この醸造所も時代の流れに伴って、ほとんどの部分が郊外の大きな工場に移されそこで生産が行われているのだそうですが、この場所にもまだ施設を残し、現役で醸造を行っているのだそうです。
その施設の一部を見せてもらいました。
11:00~一時間毎に開催されており、一人8ユーロで約45分の見学ツアーに試飲つき(試飲という量じゃなくてちゃんと1杯330ml)でした。
英語での説明もあり、とてもわかりやすかったです。
でも途中の階段がかなり急で、後ろ向きになって降りるようなところもあったので足に自信がないひとはちょっと難しいかもしれません。

ビールの製造工程についてや、ベルギービールの歴史などを詳しく説明してもらいました。
DPP_3318.jpg

DPP_3322.jpg

ベルギービールがこんなにもたくさんの種類があるのは、麦の配分やホップの量などを種類によって細かく変えているからなのだそうです。
DPP_3319.jpg
ビールグラスもずらり。
DPP_3321_20151021035639a56.jpg

そして醸造所の屋上から眺めるブルージュの風景はとってもきれいでした。
DPP_3320.jpg
マルクト広場の鐘楼にはあがらなかったのですが、これで十分だなぁ~と思いました。

そして見学の後は お楽しみの無濾過生ビールを!
DPP_3323.jpg
瓶につめて販売するときはフィルター濾過をしなければならないのですが、これは工場だから飲める、無濾過のビールです。
これ、本っ当においしかったです!
DPP_3324.jpg
見学にビールもついて8ユーロはお得だと思いました。
330ml、ペロッと飲んで大満足でした。


そしてブルージュの街をすっかり満喫したら、続いてゲントへ!
ブルージュから電車で30分でゲントに到着しました。
ゲントは駅(Gent-St.Pieters駅)から街の中心部まで2kmほど距離があるので、トラムに乗りました。
そしてまずは聖バーフ大聖堂へ。
DPP_3325.jpg

ここにはファン・アイク兄弟の傑作、「神秘の子羊」の祭壇画があります。
ガラスケースに守られ、門外不出、写真撮影も禁止なので、ここに行かないと直に見れないのだそうです。
「神秘の子羊」の祭壇画は現在は2012年春頃から5年程、修復工事中で絵を1枚ずつ外して作業しているそうで、はずした絵の部分にはにその部分の絵のコピーがはめ込まれていました。
4ユーロでオーディオガイドも借りることができ、一枚一枚の絵に関する丁寧な日本語の説明を聞くことができました。
全面で24の場面から構成され、観音開きの扉がついていて、閉じられた時と開けられた時で異なる絵が見えるように出来ていました。
閉じられた面にはマリアの受胎告知の場面やこの作品を寄贈したパトロン夫妻が描かれ、開けられた内部には聖母マリアと洗礼者ヨハネ、イエス・キリスト、アダムとイブ、神の子羊の礼拝の場面が描かれていました。
緻密で色彩豊かな描写に目を奪われ、荘厳で神秘的な美しさに圧倒されました。
見に来る人皆が静かにオーディオガイドを耳に当てながら見入っていて、ゆっくりと心穏やかに鑑賞できました。


そして大聖堂を出てからは街をぶらり。
橋からコーンレイとグラスレイを臨んで。
DPP_3328.jpg

DPP_3326.jpg

DPP_3327.jpg

建ち並ぶギルドが中世の雰囲気そのままでした。
DPP_3329.jpg
そしてこの辺りで雨が降ってきたので、メインの目的である聖バーフ大聖堂も見たし、とささっと回って駅まで戻りました。


そして再び電車でブリュッセル中央駅まで戻ってきて、今度はブリュッセル観光!
グランプラス!
王の家。
DPP_3351.jpg

市庁舎。
DPP_3330.jpg

西のグループ。
DPP_3333.jpg

南のグループ。
DPP_3331.jpg

北のグループ。
DPP_3334.jpg

東のグループ。
DPP_3332.jpg
本当に美しい広場で、世界一美しい広場と評されるのがわかりました。


そしてゴディバなどのショコラティエをちらちらと見ながら、タンタンの壁画を見て、
DPP_3335.jpg

ついにやって来ました!
小便小僧のジュリアンくん!!
DPP_3336.jpg
かわいい!小さい!
DPP_3337.jpg
小便小僧の由来は、反政府軍がブリュッセルを爆破しようとしかけた爆弾の導火線を小便をかけて消し、町を救った少年がいたという武勇伝からきているという話があるそうで、その少年の名がジュリアンだったのだとか。
世界3大ガッカリスポットなんて言われてもいますが、小さいとわかっていたのでびっくりしなかったし、このサイズだからこそかわいくて愛着が湧きました♪
お洋服を着ている日もたまにあるとのことでしたが、この日は着ていませんでした。


そしてジュリアンくんに無事ご挨拶を果たしたあとは、さわると幸せになれるという噂のセルクラースの像をさわって、
DPP_3338.jpg

そしてギャルリー・サン・チュベールへ。
DPP_3339.jpg

両側にお土産屋さんやショコラティエなどが建ち並んでいて、一軒一軒のぞきながら楽しみました。
老舗ショコラティエのノイハウスやマリー、ピエール・マルコリーニなどなど、どこのチョコレートを買おうかなぁ~と思いながらうろうろ。
DPP_3340.jpg
買うのは翌日にしよう、とこの日はぶらぶら見ただけ。
チョコレートを作っているところも見れました。
DPP_3341.jpg


そして途中でわき道に入って、レストランの建ち並ぶイロ・サクレ地区へ。
ここ、本当にレストランの客引きが強引ですごいです。
両手をとられて、踊ろう!と言われそのまま店内へ導かれそうになったり。
ぼったくりレストランもあるという話なので注意が必要です。
私はレストランは決めてあったのでいろいろな客引きをする~っと振り切って小道を入って小便少女、ジャンネケ・ピスの元へ。
少しわかりにくい小道にいました。
こちら、お友達から、リアルすぎて写真を撮るのがはばかられるよ、と聞いていたのですがその通りでした。
座り姿勢がリアルすぎる!
ということで写真の掲載は控えます(笑)


そして無事小便少女との対面も果たしたのでこの旅初のレストランへ!
オランダではレストランに入ってまで食べたいものがなかったので、屋台でちょっと食べたりして節約してました。
そしてベルギーに来たらやっぱりムール貝&フリッツ&ビール!
ということで、定番の「シェ・レオンChez Leon」へ。
DPP_3342.jpg

ムール貝&フリッツ&ビールのセットが約16ユーロ弱とお得でした。
初めのビールは「MAES」。
DPP_3343.jpg
前の日も飲んだ下面発酵ビール、ピルスナーです。
ムール貝がプリップリで、セロリも合ってておいしすぎる!!
ビールが進みます~。
ムール貝、ビール、セロリ、ビール、フリッツ、ビール、ムール貝…
もう無限運動ですね。
当然お代わり。
二杯目は「MORT SUBITE」。
DPP_3344.jpg
自然発酵ビールのランビック(空気中の自然の酵母だけを使用)の古酒1に対し、ランビックの新酒を3の割合で合わせ、瓶の中で二次発酵させたもの。
結構酸味がありましたが、深い味わいでした。

ビールがおいしすぎて続く無限運動。
そしてこの辺りで、隣に座った、お友だちとここで待ち合わせているという中国人のお兄さんに話しかけられ、始めは英語で話してましたが、出身は?と聞かれて日本、と答えたらなんとその彼日本語ペラペラ。
独学で、ただのアニメの見すぎだよって言ってましたがほんとにすごくて、日本人みたいでした。
尊敬!
そこからずーっと一緒におしゃべりしてました。

おしゃべりしながらも、再びおかわり(笑)
3杯目は「CHIMAY」。
DPP_3345.jpg
上面発酵ビール、エールのトラピストビールです。
修道院で作られたビールで、トラピスト派の修道院だけがトラピストビールを名乗ることができるのだそうです。
かなり重めのしっかりした味わいでした。

すっかりムール貝とフリッツとビールを堪能して、そしてお兄さんのおかげで一人レストランも全くさみしくなく、とても楽しいひとときでした。
私が食事を終えるころ、ちょうどお兄さんのお友達が来たのでそこでお別れをして、私はグランプラスの夜景を見ながらホテルに戻りました。
ライトアップされたグランプラスは一段ときれいでした。
DPP_3346.jpg

DPP_3348.jpg

DPP_3347.jpg


そしてホテルで一人二次会♪
Duvel♪
DPP_3349.jpg
アルコール度数高めのゴールデンエールです。
アルコール度数の高さを感じさせない口当たりのよさでした。
どんだけ飲むんだよって感じですが、この日はベルギービールをとことん楽しむ!がテーマ(私の中で)だったのでいいのです♪

そして締めはクリーク!
DPP_3350.jpg
若いランビックの樽の中に生のさくらんぼを漬け込んだもの。
もっと酸っぱいかと思ったのですが、思ったよりも飲みやすくておいしかったです。


ビール醸造所から始まり一日で、6種類のビールを堪能してほんと幸せ♪
大満足でした!
結構なハードスケジュールな一日でたくさん歩いたし、いっぱい飲んだので一瞬で眠りに落ちました~。


旅行記、次回で最終回です。
ここまでお付き合いいただいている方ありがとうございます!


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
オランダ&ベルギー一人旅♪その4
旅行記その4です。
よかったらお付き合いください。


~10/13、4日目~


この日は午後から、バスにのってアムステルダムからベルギーのブリュッセルへ移動する予定だったのですが、15:00すぎまで時間があったので、デン・ハーグDen Haagに行ってきました!
この日の朝はきれいな朝焼けでした。
DPP_3266.jpg

駅の券売機で使い捨ての切符を買ってアムステルダム・スローテルダイクの駅から電車に乗って、デン・ハーグまでは45分ほどでした。
ちなみにオランダでの公共交通機関(メトロ・トラム・バス・電車(NS))の移動にはこのサイトを使って、路線や時刻を調べました。
http://m.9292.nl/


デン・ハーグは北海沿岸に位置し、オランダ議会の議事堂や王室の宮殿、中央官庁、各国の大使館などが置かれているオランダの政治の中心地です。
私としては、マウリッツハイス王立美術館とエッシャー美術館を訪れるのが主な目的でした。
ユトレヒトに行くのと迷ったのですが、そういえばわたしミッフィーちゃんはとりわけ大好きではないなーというか、エッシャーの方が特別好きだったので、デン・ハーグに行くことにしました。


デン・ハーグに到着してまずは、マウリッツハイス王立美術館が開館する10時まで街を散策しました。
DPP_3267.jpg

ビネンホフBinnenhofを眺めながら秋の風景のなかをぶらぶら。
DPP_3274.jpg
ビネンホフとはオランダ語で「内庭」という意味で、敷地内には「騎士の館(リデルザールRidderzaal)」と呼ばれる中世建築があり、現在は国会議事堂として機能しているのだそうです。

DPP_3278.jpg

「騎士の館(リデルザールRidderzaal)」。
DPP_3279.jpg
なんておしゃれな国会議事堂。

北側の池の対岸からビネンホフを見ながらお散歩。
DPP_3271.jpg

朝のひんやりと爽やかな空気の中お散歩して、とってもぜいたくな時間でした。
DPP_3268.jpg

DPP_3269.jpg

アムステルダムよりも北に位置しているからか、より木々が色づいていました。
DPP_3270.jpg

トリくんものんびり。
DPP_3272.jpg


そして10時になったのでビネンホフの一角にあるマウリッツハイス王立美術館へ。
http://www.mauritshuis.nl/en/
DPP_3273.jpg

ここにはフェルメールの「真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)」と「デルフトの風景」が所蔵されています。
「真珠の耳飾りの女」は思った以上にぐっと惹き付けられる絵で、ピュアな美しさの女性のまっすぐな眼差しに一目惚れしてしまいそうでした。
DPP_3276.jpg
本当にきれいで、いつまで眺めていても飽きません。

そして、「デルフトの風景」は本当に緻密に書き込まれていてこちらもすごくきれいでした。
DPP_3277.jpg

他にもレンブラントの「テュルプ博士の解剖学講義」なども所蔵されていて、大きくはないですがとても見ごたえのある美術館でした。
DPP_3275.jpg

日本人の絵画に詳しそうな年配の方々のツアーのグループが何組か見にいらしていたので、割と有名な美術館なのかなぁ~と思いました。


そして続いてエッシャー美術館へ!
http://m.escherinhetpaleis.nl/en
DPP_3280.jpg

エッシャーさんの作品をこよなく愛している私的には、実はこちらの方がメインでした。
マウリッツ・コルネーリス・エッシャーはウッドカット、リトグラフ、メゾティントなどの版画製作でよく知られたオランダの画家で、建築不可能な構造物や、無限を有限のなかに閉じ込めたもの、平面を次々と変化するパターンで埋め尽くしたもの、など非常に独創的な作品を作り上げた人です。
エッシャーの作品に私が初めて出会ったのは小学生のとき。
この作品を見て、なんだこれは!おもしろい!と思って夢中になりました。
あまりに気に入って母にねだって画集を買ってもらい家でも眺めていました。
大学で独り暮らしをするようになってもたまに眺めてはおもしろいなぁと思っていました。
そんなエッシャーさん、そういえばオランダの方で、デン・ハーグに美術館があると知って行きたいなぁと思ったのでした。


中に入ると、おじさまが丁寧に館内の作りを口頭で案内してくれて、楽しんでね、と微笑んでくれました。
エッシャーの生涯と、作品に関して丁寧にわかりやすく展示されていてすごく充実した美術館でした。


几帳面なエッシャーさんらしい絵。
DPP_3281.jpg
細かい線で描かれています。
DPP_3282.jpg

不思議な幾何学模様もエッシャーの得意とした絵です。
DPP_3287.jpg

そして不思議なトリックアートの数々。
DPP_3284.jpg

DPP_3285.jpg

DPP_3286.jpg

実際にさわって見て楽しめるコーナーもありました。
この絵を実際にやってみると、
DPP_3283.jpg
こんな感じ。
DPP_3288.jpg

この鏡に写るあり得ない図形。
DPP_3289.jpg
実際はこの手前の形です。

エッシャーの作品に関するゲームができるコーナーもあったりして、子供も大人も楽しめる美術館でした。
本当におもしろくて、日本に帰ったらまたあの画集を眺めるのが楽しみになりました。


そしてエッシャー美術館を大満喫したあとは、帰りの電車の時間まで少し時間があったので、トラムに乗ってScheveningenまで行ってみました。
スケベニンゲン、笑。
地図帳でエロマンガ島を発見してニヤニヤする小学生のようですが、どんなところか気になったので行ってみました。


実際は、北海に面したリゾート地でありました!
DPP_3291.jpg

Kurhausというホテル。
DPP_3290.jpg

つめたーい風がピューピュー吹いていたので波打ち際までは行きませんでしたが、北海が見れて満足でした!
DPP_3292.jpg
それにしてもスケベニンゲン、とはこれいかに、笑。(まだ言ってる)


思い付きでフラフラあちこち行って、気ままな一人旅もいいもんです。
こうしてデン・ハーグもたっぷり楽しんで、再び電車でアムステルダムまで戻りました。
これで私の一人旅オランダ部門はおしまいでした。
小学生のときからいつか行ってみたいと思っていたオランダ、景色もとってもきれいだったし、風車も木靴もチーズも、ゴッホもフェルメールもエッシャーも、私の好きなものの琴線に引っ掛かることばっかりで本当に楽しい国でした。
人もみな優しくて、道行く人もお店でもみんなニコニコしてくれてうれしかったです。
個人の感じ方なので何とも言えませんが、私は治安はあまり悪いようには感じませんでした。(パリやミラノ、バルセロナなどよりは安全に感じました)


そしてここからは私のお気に入りのマインフェルンバスmeinfernbusに乗って、ブリュッセルを目指しました。
http://meinfernbus.de/en
アムステルダムからブリュッセルまで電車に乗ると所要時間2時間半ほどで片道50ユーロ弱ですが、このバスだと所要時間2時間45分で片道8ユーロなのでとってもお安いと思います。
マインフェルンバスはドイツのバス会社ですが、調べてみたらアムステルダム⇔ブリュッセル間も運行していました。
快適な車内で寝たり(どこでも寝れる人)、ガイドブックを読んだり、車窓を眺めたりしていたらブリュッセルに着きました。
バスの難点は所要時間はあくまで予定で遅れたりすることもあることで、今回はラッシュの時間にかかっていたので30分ほど遅れましたが特にそのあとは予定を詰めていなかったので問題ありませんでした。


そしてバスがブリュッセル北駅に到着し、そのままホテルにチェックインしました。
今回はブリュッセル北駅の近くの「Condo Gardens Brussels」というところに泊まりました。
今回は迷わず着けましたが、ちょっと周りの治安が微妙そう!
ブリュッセルはちょっとあまり治安がよくなさそうな印象を受けました。
地下鉄もあまりきれいではないし、やっぱりフランス語圏はあまり治安がよくないような…
観光名所からは少し離れた、ブリュッセル北駅に近いホテルに泊まったのですが(その方が安いので)、あの治安の感じだと中央駅や観光名所に近いホテルの方がよかったかも、と思いました。
観光名所以外のところではカメラを下げて歩いたりしないようにして、顔がアジア人なのでそこはどうしようもないですが、このへんの道詳しいしよく通ってて慣れてますよ!って顔してめっちゃ早足で歩きました(笑)
特に誰かに絡まれたりするわけではないので実際は大丈夫なのかもしれませんが、私の感覚だとブリュッセル北駅周辺は少し怖いかなと思いました。


でもホテルのおじちゃんはとっても優しくて、近くのスーパーの場所を聞いて向かったのにたどり着けなくてまた戻ってきた私にもう一度丁寧に道を教えてくれたり、私がホテルに帰ってくると「おかえり~」とニコッとして手を振ってくれたりして癒されました。
お部屋は無駄に広かったです、笑。
DPP_3294.jpg
キッチン付き。
DPP_3293.jpg


この日はもう夜だったので出掛けずに、ベルギービールでベルギー一日目をお祝いしてから早めに休みました。
DPP_3296.jpg


旅行記その5に続きます!


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。