プロフィール

はる

Author:はる
旦那様の海外留学にくっついてスイス・チューリッヒへ!!
英語はカタコト、ドイツ語は全くわからないままに生活スタート.
わからないことだらけですが、2014.04~2016.03までの2年間のスイス生活&主婦生活楽しみたいと思っています☆
デジタル一眼レフくんを相棒にスイスでの生活を記録していきます♪

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

お問い合わせや直接の連絡などは、こちらにどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

【スイス情報.com】


【スイス情報.com】のスイス在住日本人が発行するメルマガです!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

チューリッヒ一眼レフブログ2~海外留学のおとも~
旦那様の海外留学にくっついてスイス・チューリッヒへ!! 2014.04~2016.03までの2年間、デジタル一眼レフくんを相棒にスイスでの生活を記録していきます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウンターエンガディン日帰りおでかけ♪
今日はお友達とウンターエンガディン地方に日帰りおでかけしてきました。
今SBBから発売されているキャンペーンチケット(1日スイス全土乗り放題券、2人で89フラン、3人で109フラン、4人で129フラン、チケットがグループで一枚しかないのでグループのメンバーが必ず同じ旅程であることと、グループのうち一人以上がhalb tax aboを所持していることが条件)を使っておでかけしました。
3人で行ったので、3人で109フラン、一人37フラン弱でした。
1日スイス全土乗り放題でこのお値段はやっぱり安いです!


そして、今回の行き先はウンターエンガディン地方。
ウンターエンガディン地方はグラウビュンデン州、イン川を境目に分かれる地域の北側一帯を指すエリアです。
ベルニナ峠やサンモリッツのあるオーバーエンガディン地方と比べると旅行者の数も少なく、またそれ故に独自の文化を守り続けることができている地域でもあります。
家々の壁に描かれたスグラフィット(色の違う漆喰を何層か作り、それを削り出して模様を描く手法)やフレスコ画はこの地方独特のもので、このスグラフィットをぜひ近くで見て写真を撮りたい!と思って今回、このあたりを行き先に選びました。


今日のプランは、チューリッヒからグアルダGuardaまで電車で行き、スグラフィットの施されたおうちを見て。
その後グアルダからアルデッツArdezまで約1時間のハイキング。
その途中でお弁当を食べて、その後アルデッツの村を散策。
その後シュクオールScuolまで電車で行って、街を軽く散策して、そして電車でチューリッヒまで戻る、というプランでした。


まずはチューリッヒから電車に乗ってLandquartでレーティッシュ鉄道に乗り換えてグアルダまで行きました。
チューリッヒ湖から、スイスらしい牛の放牧されている風景、そして徐々に山深くなっていく風景を車窓にうつしながら、チューリッヒから約2時間半でグアルダに到着しました。
DPP_3068.jpg
グアルダは小さな駅でリクエストストップの駅なので、降りるときは緑のボタンを押して知らせます。
グアルダ駅は谷底にあり、村までは歩き(ひたすら登りで約30分)かポストバス(約9分)で行きます。
ただ、ポストバスは1日往復15本の運行のみで、間隔も20分〜1時間40分とばらつきがあるので注意です。
私たちは接続を調べてから行ったので、電車到着の約10分後にポストバスが出てとてもちょうどよかったです。
DPP_3069.jpg


グアルダの村に到着!
DPP_3071.jpg

グアルダは標高1653mの、スグラフィットで飾られた家が並ぶ、人口わずか約180人の小さな村です。
駅や村の中を見るとわかるように、ロマンシュ語が多く使われていて実際に住民の6割がロマンシュ語(とドイツ語)を母語とする人々なのだそうです。


また、スイスで有名な絵本、アロイス・カリジェの「ウルスリのすず Schellenursli」はこの村で毎年3月に行われる祭りをモチーフにしたものです。
グアルダの村に到着してすぐに、カリジェの絵のポストカードや絵本などを売るお土産屋さんを発見♪
5フランで小さな、ウルスリの鈴の絵本を買いました。
DPP_3073.jpg
絵本の表紙のドアそっくりのドアのところで記念撮影♪
英語版もあるよ?とお店の人に言われたのですが、ドイツ語の勉強も兼ねて、ドイツ語版を買ってみました!
ゆっくり読みたいと思います。


そしてぶらぶらと村を散策。
DPP_3070.jpg
村の中心はメインストリート1本だけなのでとっても小さくて普通に移動したらあっという間に端から端まで行けちゃいますが、いろいろなかわいいおうちを見ながら写真を撮りながら、一軒一軒ゆっくりと見て回りました。

スグラフィットで装飾されたおうちがとってもかわいかったです。
DPP_3076.jpg
スグラフィットは、まず建物の壁に石炭乳を塗り、乾く前に表面を引っかくようにして石炭乳をへらで取る方法で描くのだそうです。
DPP_3077.jpg
出窓にも細かいスグラフィット。

様々な不思議な絵が描かれていました。
DPP_3075.jpg

DPP_3074.jpg

教会と泉。
DPP_3072.jpg
太陽がキラキラできれいでした。

太陽のひかりで窓がキラッ。
DPP_3078.jpg

どのおうちもこのまあるいドアで、物語の中のおうちのようでとっても素敵でした。
DPP_3079.jpg

途中のホテルのお庭にいたオオカミさん。
DPP_3080.jpg
カッコイイ!

小高いグアルダの村からの素晴らしい眺め。DPP_3081.jpg

村のあちこちのおうちにはこんな素敵な日時計がありました。
DPP_3082.jpg

このおうちはスグラフィットの装飾と、窓がだまし絵になっていました。
DPP_3083.jpg
ちょっと遊び心があっておもしろいです。

このおうちも不思議で素敵な絵が描いてありました。
DPP_3084.jpg
本当にどのおうちも素敵で、小さな村ですがどこも絵になる雰囲気で、パシャパシャと写真をたっくさん撮ってしまいました(笑)
田舎らしい素朴さと、スグラフィットの緻密な美しさがとても心に残りました。


そしてかわいらしくて素敵なグアルダの村を堪能したら、次なる目的地アルデッツに向かってハイキング♪
DPP_3085.jpg
牛さんたちに見送られて、グアルダの東側の端っこから出発しました。
DPP_3086.jpg

約1時間の平坦なコースなので、ハイキングというよりお散歩感覚で、秋の自然を楽しみながら歩きました。
DPP_3087.jpg

林の中ですが舗装された歩きやすい道をテクテク。
DPP_3089.jpg

ユニークな植物を見ながら歩きます。
DPP_3088.jpg

DPP_3093.jpg

DPP_3094.jpg

DPP_3095.jpg

林を抜けたら視界が開けてとってもいい景色。
DPP_3091.jpg

DPP_3090.jpg


30分程度でまずはBoschaという村に着きました。
DPP_3092.jpg


ボスチャの村を抜けたら、きれいな景色をみながらさらにテクテク。
DPP_3096.jpg
雄大な景色を見ながら途中、休憩がてらお弁当タイム♪
自然を眺めながらのおにぎりはやっぱり最高です。

そしてしばらく歩くとアルデッツの村の丸い丘の上に建つシュタインスベルクの塔とその丘の下に肩を寄せ合って並ぶ家並みが見えてきます。
DPP_3097.jpg

眼下に見えるアルデッツの村に向かって進めば、アルデッツの西端に近いところに到着しました。
DPP_3102.jpg
アルデッツもスグラフィットの施された家々が美しく、素敵な村でした。
DPP_3099.jpg

DPP_3101.jpg

スグラフィットをアップで。
DPP_3098.jpg

DPP_3103.jpg
グアルダよりも少し大きな村で、ガイドブックなどにはほとんど載っていないのですが予想以上に見所満載でした!

村の至る所から山がよく見えました。
DPP_3100.jpg


そしてアルデッツで有名な『アダムとイブの家』。
この建物は1647年に建てられたもので、スグラフィットとフレスコ画で壁全体に絵が描かれている。たわわに実をつけたりんごの木の下で、禁断の実を手にしたアダムとイヴが描かれている。出窓の回りには葡萄の房をいっぱい実らせた蔦が描かれていました。
DPP_3107.jpg

DPP_3108.jpg

DPP_3109.jpg

DPP_3106.jpg

そのほかにも花で飾られた出窓のある家々や、装飾された壁を持つ家々が立ち並んでいてとても素敵でした。
DPP_3104.jpg

DPP_3105.jpg

DPP_3110.jpg

そして、右に左に素晴らしいスグラフィートの芸術を鑑賞しながら坂を下って、アルデッツの駅に到着しました。
DPP_3111.jpg

そしてここから一駅電車に乗って、古くから湯治場として知られるシュクオールの村へ向かいました。
DPP_3112.jpg

ウンターエンガディンを奥へ奥へと延びているレーティッシェ鉄道の路線もこのシュクオル・タラスプ駅(Staziun Scuol-Tarasp)で終点です。
DPP_3113.jpg
駅から村の中心部までは徒歩(約15分)かポストバス(約5分)で行くことができます。

思ったより都会です!(グアルダ&アルデッツとの比較)
DPP_3114.jpg

温泉施設は村のメインストリート沿いにあるエンガディン温泉センター(Bogn Engiadina
Scuol)で、プログラムに沿った健康的入浴法の体験ができるのだそうですが(要水着)、私たちは今回は温泉には行かずに村をぶらりと散策しました。
村の中心部のメインストリートを少し外れて奥まった細い道に入ると、グアルダと同じくスグラフィットの装飾が美しい家々が立ち並んでいました。

また、道沿いや広場に水飲み場が多くあり、これはいわゆる「飲む温泉」なのだそうです。
DPP_3116.jpg
蛇口が二つあり、鉱泉と普通の水がそれぞれ出ていました。
DPP_3117.jpg
温泉の出ている方はなんと微炭酸のお水で、温泉~という感じの鉄っぽいというかなかなかインパクトのある味がしました!
おいしかったら汲んで帰ろうか~とか思っていたのですが、私的にはその場で一口飲んで十分でした!(笑)

そしてさらにシュクオールの村をぶらぶら。
猫さん。
DPP_3115.jpg

素敵なおうち。
DPP_3119.jpg

DPP_3118.jpg

村のどこからも見えるきれいな山並み。
DPP_3120.jpg
温泉で体を癒して、景色で心を癒して、という感じでしょうか。
短時間でぶらりとしただけでしたが、楽しめました♪


ウンターエンガディンの村をぶらぶらと巡る旅、ゆったりとのどかな村を歩いて、とても心癒される楽しい旅でした。
グアルダに行きたい!という私のコアなリクエストに乗ってくれて、お付き合いしてくれたお友達、本当にありがとうございました!
秋の遠足、とってもとっても楽しかったです♪


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
秋の森をお散歩♪
いつも忙しいうちの主人ですが、このところさらに忙しくて、夜遅くに帰ってきて朝も遅いので、一緒にどこかに行くどころかあまり顔を合わせる時間がありません(昼間は私は出掛けていることが多いので朝遅くまで寝ている主人とはあまり会えず)。


こんなときさすがに申し訳なく思うのか、たまに主人が大学まで歩いて行く道のりを一緒にお散歩しようと誘ってくれるときがあります。
この間も、お散歩する?と言われたのでついていきました(笑)
いつもの森の道がちょっと見ない間にすっかり秋らしくなっていました。
DPP_3067.jpg

DPP_3063.jpg

ひんやりとした空気が気持ちいいです。
DPP_3065.jpg

DPP_3066.jpg

DPP_3064.jpg


こんなところをのーんびり歩けるのもスイスにいる間くらいかなぁと思って、貴重なひとときを楽しんでいます。


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

お月見ナイト♪
今日は満月で十五夜だったので、お友達のおうちでお団子を作ってお月見をしました。


白玉だんご&あんこ♪
DPP_3059.jpg
お豆腐を混ぜてずっと柔らかいお餅ができました。


そして、和食ナイト♪
DPP_3058.jpg
大根の煮物と、豚肉の南蛮漬け、なすの煮浸し。
なんて贅沢♪
私は切り干し大根を煮ていきました。

さらに鮭のホイル焼きと栗ご飯。
DPP_3060.jpg
久しぶりの栗ご飯に大感激でした~!
栗ご飯を作る手間を思うと本当にありがたい味でした。


そして、ワインを散々楽しませていただいたあとは、ギリシャのお酒、ウーゾ!
DPP_3061.jpg
もともと透明なお酒ですが、お水で割ったり氷をいれたりすると白く濁ります。
アニスの香りが強く、アルコール度数45度となかなかの強さのお酒ですが、ほんのり甘くてくせになる味でした。
一度飲んでみたいなぁと思っていたのでうれしかったです!
結構ハマりました(笑)


美味しい和食をいただきながら、お酒も進んで、人生の先輩にいろいろお話をきいてもらって、本当にためになる、心休まる時間でした。
海外生活いろいろ悩むこともあるのですが、何でも否定せず柔らかく受け止めてくださり、その上で優しいアドバイスをしてくださって、本当にうれしかったです。


曇っていてよく見えなかったお月さまも、帰るころにはくっきり。
DPP_3062.jpg
ピカピカのお月様を眺めながら帰りました。
何だか今日はお友達みんなに優しくしてもらって、海外生活いろいろあるけれど、でもそんなときでもこうして親身に話を聞いてくれるお友達とチューリッヒで出会えたことに感謝しないとなぁ~としみじみ思うひとときでした。


今日ご一緒してくださったお友達、本当にありがとうございました。
一応ちゃんとしようという気持ちはあったのですが、結構な酔っ払い具合ですみませんでした(笑)


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

ついにFREITAGを買いました♪
チューリッヒにあるメッセンジャーバッグのブランド、FREITAG。
DPP_0589_20150927034620699.jpg
役目を終えたトラックの幌を再利用してメッセンジャーバッグなどを作っているブランドで、使われるトラックの幌の色や柄、使われる部分によってデザインが変わってくるので世界にひとつだけのデザインです。
もともとはトラックの幌で、しかも使い終わったものなので、始めから汚れぎみなので、そういうのが嫌いな人はダメだと思いますが、雨にも汚れにも強くてガシガシ使っても大丈夫です。


ひとつひとつ手作業で作られているので、汚れぎみのカバンなのにびっくりするくらいお高いのですが、チューリッヒに住んだ記念として一つ買いたいなぁと前々から思っていました。
お店を訪れる度に置いてあるデザインが違うので、いつかお気に入りに出会えたらとときどきお店に見に行ったりしていたのですが、今までは買うには至らず。
でもついに先日、買っちゃいました♪
家計から出すわけにはいかないので、またまたいつものように私のこっそりへそくりから買いました(笑)
水色とホワイトのデザインが気に入って買いました♪
DPP_3056.jpg

裏側も♪
DPP_3057.jpg

店内を散々うろうろしてああでもないこうでもないと一人で悩んで、レジに持っていったら店員さんに「素敵なの選んだわね!」と言ってもらえて、 きっとどのお客さんにも言ってるとは思いますが うれしかったです。


ずっとほしかったので買えてウキウキ~♪
しばらく眺めてニヤニヤします。
かけてみると、ベルト部分もシートベルトでできているので強いし、太さがあるので肩が痛くならなそうです。
カッターで切れたりもしにくいし、開けるときにマジックテープのビリビリ~という音がするのでスリ防止にもいいのだとか。
これから活躍してくれそうです!


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
Suisse Maniaを集めたい!
今Migrosでは、20フランお買い物するごとにスイス各地の教会や山、観光名所などの小さなフィギュアをくれるSuisse Maniaというキャンペーン期間中です!
その小さなフィギュアがなかなかかわいくて、開けるまで何が入っているかわからないので、開ける楽しみもあり、いっぱい集めたい~と思っているところです。
DPP_3055.jpg
まだまだほんのちょっとしかありませんが、どこまで集められるか楽しみです。


10/26までの予定なのでまだまだあと一ヶ月以上あるのですが、なんせ54種類もあるのでコンプリートは無理そうですが、もらえる範囲で楽しみたいと思います!


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

キムチ&餃子の会♪
今日はお友達と我が家でお料理会しました。
今日したのは餃子大量生産とキムチ漬け!!


一緒にお買い物に行って、その後我が家でずーっとおしゃべりしながらお料理~♪
まずはキムチにする白菜とキュウリを切って塩漬け。
そして餃子のあんを作って。
今回も大量生産!
豚ひきにく900g使って、おっきなキャベツとニラをたくさん刻んで作りました。
そしてキムチの漬け込み液を作って。
ここまでずーっとずーっとおしゃべりしてました。
キャベツを刻み続ける地味な作業も、しょうがとにんにくを刻む大変な作業(お友達がやってくれました。ありがとう!)も、二人でおしゃべりしながらやれば楽しいしあっという間♪


そしてここで餃子のあんを落ち着かせている間にお茶休憩~♪
お友達が持ってきてくれたいーい香りの紅茶と、抹茶味のキャラメルコーン、うちにあったLaderachのチョコレートで優雅なお茶タイム!
元気回復して、ひたすら餃子を包みました。
今回も頑張りました~!
ずらーり。
DPP_3053.jpg
これで、冷凍できる分までたっぷりできたのでまたしばらく餃子を楽しむことができます(*^^*)


そして塩をしておいた野菜を洗ってしぼってキムチ漬け!
DPP_3054.jpg
白菜&キュウリのキムチができました。
漬かるのが楽しみです♪


今日もたーくさんおしゃべりしながらお料理して、とっても楽しかったです!
一人だと結構面倒で億劫な作業も二人でやれば楽しくできるので、いつも一緒に付き合ってくれるお友達に感謝です♪
いつもありがとう!
またやろうね~!!


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

カンデルシュテーク~エッシネンゼー日帰りお出かけ♪
今日は日本から大学の研究室時代の先輩が、ご主人のお仕事の出張に同行してバーゼルに来ていたので、一緒にお出かけしてきました。
先輩の希望が、スイスの自然を見てみたい、ということとベルンを散策したいということだったので、いろいろ話し合って、カンデルシュテークKandersteg~エッシネンゼーÖschinenseeまで軽いハイキングも含めて行って自然を満喫し、帰りにベルンに立ち寄って旧市街散策をする、というプランにしてみました。


今は二人でスイス全土乗り放題券89フランのスペシャルプライスチケット(3人目4人目がいる場合はそれぞれプラス20フラン、グループのうち最低一人はHalb tax aboを持っていることが購入の条件)が出ていたので、それを使ってお出かけしました。
一人44.5フランでスイス全土乗り放題なんてお得です♪
そして、このチケットはグループの構成員がすべての旅程を共にすることが条件(チケットがグループで一枚なので、別行動不可)だったので、私がチューリッヒからバーゼルまで先輩をお迎えに行って、そして帰りもバーゼルまで送ってからチューリッヒに帰りました。
先輩は一人で電車に乗るのは不安だったようだったので、ちょうどよかったです!
でも、このバーゼル⇔チューリッヒ間を、二人分のチケットを一人で使うことについて、OKかどうかよくわからなかったので、チケット購入のときに窓口で聞いてみたら、あなたがHalb tax aboを持っているならOKだよ~とのことでした。
窓口のお姉さんにドイツ語で質問してみたら、ちゃんと通じて小さな喜び♪
そして実際バーゼル⇔チューリッヒ間を、二人分のチケットを一人で使ってみて、チケットチェックでも問題ありませんでした。


バーゼルからエッシネンゼーまで片道約3時間、ベルンにも寄りたかったし、先輩はおでかけの後お仕事終わりのご主人と合流して夕食を取るとのことだったのであまり遅くまでは出かけられなそうだったので、早めの出発で7:30ごろバーゼルを出発しました。
そのために、その時間までに私はチューリッヒからバーゼルまで行かなければならなかったので、5:30ごろ家を出ました!
久しぶりの早起き、寝坊せずに起きられてよかったです(笑)


バーゼルで無事に先輩と合流して、久しぶりの再会でしたが変わらない先輩にほっとして、会った瞬間からほんとに最後まで、ずーっとずーっとおしゃべりが止まらず、学生時代に戻ったようでした♪
まずはバーゼルからベルンまで、そしてベルンで乗り換えてカンデルシュテークまで行きました。
雨の予報だったのでとっても心配でしたが、念が通じたのか曇りではありますが雨は降っておらず!
そして、カンデルシュテークの駅からロープウェー乗り場までは徒歩で約15分でした。
バスもありますが、ものすごく本数が少ないので歩いた方が早いです。
駅から伸びる道をまっすぐ進んで、この教会を左に曲がり、途中ロープウェーの看板があるところを右に曲がって道なりに進むとロープウェー乗り場に到着します。
DPP_2992.jpg

こんな川や周りの山を眺めながらテクテク。
DPP_2993.jpg

DPP_2995.jpg

DPP_2996.jpg

DPP_2997.jpg

ロープウェー乗り場。
DPP_2998.jpg
エッシネンゼーまで、Halb tax abo使用で往復13フランでした。
ロープウェーでぐんぐん登ってすぐに山頂に到着!
DPP_2999.jpg

曇っているけど一応景色も見えました♪
DPP_3000.jpg

DPP_3001.jpg
でもお天気が微妙だったのと、標高約1600mくらいだったのもあって激寒!!
これは歩いて体を暖めねば!と湖まで約20分、シャカシャカ歩きました。
そして歩いていたら雪がちらちら。
これは寒いわけだ!!
でもちらちらくらいでたくさん降っていたわけではなかったので全然大丈夫でした。
歩き始めてすぐにこんな分かれ道がありますが、右に行くと所要時間約20分くらいで、なだらかな牧草地を通って林を抜けたら湖に到着します。
DPP_3002.jpg
左に行くと、林のなかを少し勾配のある山道を上ったり下りたりしながら約30分で湖に着きます。
私たちは行きは左の道で行って、帰りは右の道から帰ってきました。

曇り(雪がちらり)のお天気でしたが、山の植物たちがしっとりと湿って、秋の気配でなんだかこれはこれで赴きがあってよかったです。
きのこ。
DPP_3003.jpg
しっとり秋の色。
DPP_3004.jpg

約20分ほどでエッシネンゼーに到着しました。
DPP_3005.jpg

お天気が微妙でも何とか見えていてよかったです!
DPP_3006.jpg
事前にエッシネンゼーを調べていたときに見た写真で、湖が青く見えていたのはいいお天気で空の青さがうつっていたからだと思っていたのですが違ったようです。
こんなに曇っていたのに真っ青でとってもとっても綺麗な湖でした。
DPP_3007.jpg

DPP_3008.jpg

DPP_3010.jpg

DPP_3009.jpg
見に来てよかった…!


しばらくうろうろして湖を堪能したら、今度はもう一つの道からロープウェー乗り場へと戻りました。
こちらは山道を上ったり下りたりするコースで、行きよりも少しきつめのコースですがちょっとしたハイキング気分を味わえてよかったです。
紅葉もちょっぴり始まっていました。
DPP_3013.jpg

DPP_3014.jpg

DPP_3015.jpg

こちらにもきのこ。
DPP_3016.jpg

DPP_3017.jpg

苔がたくさん生えて、しっとりと濡れる森は、もののけ姫の世界のようでした。
DPP_3018.jpg

歩いている間にだんだん霧が出てきて、湖から約30分ほどでロープウェー乗り場に到着したころには霧で真っ白~。
DPP_3019.jpg
湖をばっちり見ることができてから霧が出てきたので、なかなかベストなタイミングでした。
スイスの自然が見たい!と言っていた先輩も、とっても喜んでくれたのでよかったなぁ~と思いました♪
そしてカンデルシュテークの村まで戻って、今度はベルンへ!


約1時間ほどでベルンに到着しました。
雨が降っていなくてよかった~。
牢獄塔の下を抜けたら、ベーレン広場でマルクトをやっていたのでぶらぶら。
DPP_3021.jpg

おいしそうなベリーちゃんたち。
DPP_3023.jpg

秋の味覚、栗も売っていました。
DPP_3022.jpg
いつものマルクトの光景ですが、先輩がとっても楽しそうにしてくれたのでよかったです♪

連邦議会議事堂。
DPP_3024.jpg

そしてこのあたりでお昼ご飯を食べました。
初めてベルナープラッテ(ベーコンやソーセージなどの肉類をスープで煮込んでザワークラウトを添えたベルンの郷土料理)を頼んでみました。
DPP_3025.jpg
うん、スイス!って感じでした~!
そんなにしつこくなくておいしかったです。
でもなかなか肉々しかったので先輩と二人でシェアしてちょうどよかったです。


そして続いて時計塔で仕掛け時計が動くのを見て、やっぱり安定のシュールさであることを確認(笑)
DPP_3027.jpg

DPP_3030.jpg
最後に鶏が一声鳴くのが、どうも音程が外れててこのシュールさに拍車をかけていましたね~。


所々にあるユニークな泉をめぐりながら旧市街を散策しました。
DPP_3020.jpg

DPP_3026.jpg

DPP_3028.jpg

DPP_3031.jpg

DPP_3032.jpg

DPP_3033.jpg

そして、ベルンの旧市街には半地下のお店がたくさんあります。
DPP_3029.jpg

DPP_3034.jpg
お店に入ったり、ショーウィンドーを眺めたり、ぶらぶらと旧市街散策を楽しみました。

火をつけるのがもったいないかわいいろうそく。
DPP_3046.jpg

DPP_3047.jpg

お肉の塊!
DPP_3045.jpg

かわいいかぼちゃのディスプレイ。
DPP_3043.jpg

アクセサリー店のショーウィンドーになぜかハエたたき。
DPP_3044.jpg
なんとなくおしゃれ。


そしてしばらく歩いていくと熊公園に到着しました。
DPP_3035.jpg
でも今は熊公園お休みです。
DPP_3036.jpg
ボクたちは秋になったらまた戻ってくるよ!だそうです。


そしてさらに結構急な坂道を10分ほど昇るとバラ公園に到着しました。
小高い丘になっていて、ベルンの街とアーレ川が見渡せます。
DPP_3038.jpg

DPP_3042.jpg
この景色が本当に美しくて大好きです。
先輩も、きれい!とうれしそうにしてくれていたのでよかったです♪
もう終わりかなと思っていましたが、まだ少しですがバラも咲いていました。
DPP_3039.jpg

DPP_3040.jpg

DPP_3041.jpg


十分景色を堪能して、またぶらぶらとお店に入ったりしながら、旧市街を駅に向かって戻りました。
途中大聖堂を見るために脇道に逸れたらこちらが。
DPP_3048.jpg
芸術家の作品らしいのですが、時々上から水が降ってくるのです。
この前ベルンに来たときも見たので知ってはいたのですが、突然降ってくる水にやっぱりびっくりしました。

大聖堂。
DPP_3049.jpg
後期ゴシック様式の大聖堂、やっぱりきれいでした。


そしてさらに駅に向かって歩いていると、オシャレなミューズリーのお店が!
DPP_3050.jpg

DPP_3052.jpg
イケメンの店員さんが来て、いろいろ説明もしてくれました。
ベルンパッケージのミューズリーもありました。
DPP_3051.jpg
食べてみたいものを店員さんに言ったら試食もできるそうです。
オシャレでかわいくておいしそうなミューズリーがたくさんあったので、私も先輩もそれぞれお気に入りを買いました♪


思う存分、ベルン旧市街を堪能して、今日のおでかけはおしまい!
先輩をバーゼルにお見送りに行って、楽しい楽しい一日がおしまいでした。
先輩とは久しぶりに会ったのに、ぜんぜんそんな感じがしなくて、ずーっとおしゃべりしながらいろいろと見て回って、本当に楽しい時間でした。
先輩が旦那様の出張についてバーゼルに来ることが決まってから、私を思い出してくれて連絡をもらえてとってもうれしかったです。
つたないガイドでしたが、先輩が喜んでくれてよかったなぁとほっとしています。
また次は日本に帰ったら、ゆっくり会いたいなぁと思いました♪


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
Alles Gute zum Geburtstag♪
今日はドイツ語クラスの先生が週末お誕生日だったということで、クラスのみんなで休み時間にささやかなお誕生日パーティーをしました♪


先生にプレゼント&クラスメイトに配るために、同じクラスのお友達と昨日、せっせとクッキーを焼きました。
アイスボックスクッキーを大量生産!!
DPP_2986.jpg

プレーン&ココアとプレーン&抹茶の二種類で、市松模様のクッキーをたーくさん焼きました。
ずらーり。
DPP_2987.jpg

さらにずらーり。
DPP_2988.jpg

DPP_2989.jpg

焼き上がって、先生に渡す分はややかわいくラッピング♪
DPP_2990-2.jpg


今日はこの昨日作ったクッキーを持ってドイツ語へ行きました。


ほかのクラスメイトはなんと、シュプルングリでチョコレートがけのおっきなクグロフを買ってきてくれました~!
DPP_2991.jpg
みんなでZum Geburtstag viel Gluck~♪を歌って、ケーキとクッキーを食べて、先生と写真を撮って、とっても楽しい休み時間でした。
先生がすごく喜んでくれてうれしかったし、クラスメイトもみんなクッキーおいしいよ~!と言ってくれたのでほっとしました。
たくさん焼いた甲斐がありました。
そしてシュプルングリのチョコレートクグロフ、とーってもおいしかった~!
買ってきてくれたクラスメイトに感謝です♪


ドイツ語クラス、少し前から新学期が始まって、メンバーが倍くらいに増えましたが、引き続きなごやかな雰囲気でうれしいです。
話せる程度としてはかなりの劣等生ですが、何とか頑張っていこうと思います!


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

フルートデュオ&ピアノコンサート♪
今日は昨年もお邪魔させていただいた、ハウスコンサートのお知らせをいただいたので参加させていただいてきました。


今日は日本人のピアニストの方と、フルートのデュオのお二人のコンサートでした。
ハウスコンサートなので、おうちにコンサート用のお部屋があって、そこに椅子がたくさん並んでいました。
昨年も思いましたが、おうちのなかにコンサート用のお部屋があるなんて本当に素敵です。


今回の奏者の方はとってもお若い方で、ドイツ語で挨拶や曲紹介をしてくださったり、楽器の紹介をしてくださるときはとってもかわいらしくてほんわかとしたお三人だったのですが、いざ演奏が始まるととても力強く、それでいてしなやかな音色に圧倒されました。
ピアノソロ、フルートとピアノとのデュオなど、多彩なプログラムで、選曲もクラシックから現代の音楽まで幅広く、また様々なフルートを用いた演奏で、あまり音楽の知識がない初心者の私ですがとっても楽しめました。


途中一度休憩を挟み、約二時間のコンサートでしたが本当にあっという間でした。
とってもアットホームな雰囲気で、すごくあたたかい時間でした。
秋はこうした気軽に音楽や芸術に触れることのできる機会がたくさんあってうれしいです。
積極的にいろいろでかけてみたいと思います!


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

ETH日本人会懇親会♪
昨夜は、ETH日本人会の懇親会でした♪


いつも書いている同じ説明ですが、ETH日本人会とは、ETHやチューリッヒ大学に在籍している日本人の方やそのご家族で構成されている会で、今は私たち夫婦が幹事を務めさせていただいております。
懇親会の内容としては、ETH HönggerbergのAlumniLoungeに皆さんに集まっていただいて、『パスタ+サラダ+お土産にHiro Takahashiさんのパン・シュークリーム』を人数分準備し、飲み物はビール、ワイン、ソフトドリンクなどを適宜ピッチャーやボトルで注文する、という形式で行い、昨夜はお一人当たりCHF 30(子供さんは無料)の会費を集めさせていただきました。
これまで私たちが幹事となってから3、4回開催させていただいていますが、大体いつもお一人当たりCHF 30で収まっています。


昨夜の会は今までの中で最も多くの方々にお集まりいただき、参加者全員で51人!
交換留学の学生さんたちがみんなで誘い合わせてきてくれたり、他の皆さんもそれぞれお友達を誘ってくださったりして、大盛況の会となりました。
予想以上の人数に幹事としてはうれしいびっくりでした。


いつもは参加者の皆さんにお配りするパンやシュークリームを、電車に乗ってHiro Takahashiさんのお店取りに行っているのですが、さすがに今回は約50個のパンを電車と徒歩で運ぶのは難しかったため、配達をお願いしました。
チューリッヒ市内であれば10フランで配達をしてくださるとのことで大変助かりました。
DPP_2985.jpg
今回はシュークリーム、粒あんぱん、和栗あんぱん、カレーパン、メロンパンの5種類を注文させていただきました。
Hiro Takahashiさんには毎回お世話になっていて、いつも皆さんに喜んでいただけています。


そして懇親会では、参加者の方々と一緒にワイワイとなごやかに楽しい時間を過ごすことができてました。
学生さんたちの若いパワーで盛り上がり、また子供ちゃんたちや妊婦さんも来てくれたので、そのまわりはとってもほのぼのした雰囲気でそれもよかったなぁと思いました。
全員の方とゆっくりとお話をさせていただくにはお時間が足りず、もっとお話ししたかったなぁという想いでおりますが、さまざまな新しい出会いもあり、有意義な時間を過ごすことができました。
今回も前回同様みなさんそれぞれに自由に席を移動して、いろいろな方とお話することができる雰囲気だったのもよかったな、と思っています。


最後になりますが、本ブログをご覧になられている方で懇親会に参加していただいた皆様、昨日はどうもありがとうございました。
今回は大人数での会ということもあり、最大限に努力はさせていただいたのですが、幹事としては至らぬ点ばかりであったかと思います(実際、いろいろなことに追われて、楽しい会の様子のお写真を撮らせていただくのをすっかり忘れました…次回は忘れずに取らせていただきたいと思います!)。
ですが皆さんのご協力のおかげで、滞りなく会を行うことができてとてもほっとしています。
準備をお手伝いいただいた方、会の途中ちょこちょこと動き回っている私たちに優しい声をかけてくださった方、丁寧なお礼のお言葉をくださった方、大人数の会の幹事にちょっぴり緊張していたのでとってもうれしかったです。
みなさん本当にありがとうございました。
またちょくちょくこのような会を開いていけたらと思いますので、今回参加できなかった方もまた次回是非ご参加いただけたらと思います。


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。