プロフィール

はる

Author:はる
旦那様の海外留学にくっついてスイス・チューリッヒへ!!
英語はカタコト、ドイツ語は全くわからないままに生活スタート.
わからないことだらけですが、2014.04~2016.03までの2年間のスイス生活&主婦生活楽しみたいと思っています☆
デジタル一眼レフくんを相棒にスイスでの生活を記録していきます♪

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

お問い合わせや直接の連絡などは、こちらにどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

【スイス情報.com】


【スイス情報.com】のスイス在住日本人が発行するメルマガです!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

チューリッヒ一眼レフブログ2~海外留学のおとも~
旦那様の海外留学にくっついてスイス・チューリッヒへ!! 2014.04~2016.03までの2年間、デジタル一眼レフくんを相棒にスイスでの生活を記録していきます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピカピカのお天気の下、公園でピクニック♪
今日も夏の陽気の一日でした。
とってもお天気がよかったので、今日はドイツ語学校の前にお友達と公園でピクニックしてきました!


VIADUCTのMarkthalleでお昼を買って、Josefswiesenの公園でピクニック♪
DPP_2392_20150708021018fd6.jpg
公園にはたくさんの人がいて、ひなたぼっこしたり日陰でお昼寝したり、サッカーやバレーをしたり、みなさん思い思いに昼休みを楽しまれていました。


気温が30度近くまで上がってひなたはとても暑かったのですが、スイスは日本と違って湿気が少ないので、じめじめむっとした暑さではなく、日陰に入ると涼しくてときおり気持ちのいい風も吹いてとても気持ちがいいです。
木陰にレジャーシートをひいて座ると芝生がふわふわでとても居心地がよくて、これは夏はピクニック、最高ですね!
わいわいおしゃべりをしながらお昼を食べてとても幸せなひとときでした。
DPP_2391_201507080210181ed.jpg

DPP_2393_20150708021016740.jpg
出産後初めて会うお友達も一緒だったので、久しぶりに元気そうなお友達に会えて、そして初めて赤ちゃんのお顔を近くで見れてとてもうれしかったです。
赤ちゃんと、別のお友達の2歳の息子くんとのやりとりにほのぼのしながら、とっても心癒されました。
あまりに気持ちの良い時間すぎてドイツ語サボっちゃおうかと思いましたが(笑)、ちゃんとまじめに行きました!


今日ご一緒してくださったお友達、ありがとうございました♪


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
モコモコあじさいの季節
今日もいいお天気のチューリッヒ。
昼間はちょっと暑かったので、夕方になってから(といっても19時くらいなので日本ではもう夜ですね)、テクテク歩いてお買い物に出かけました。


去年バスの中からこの風景を見た主人が「あれ…カリフラワーかな?」というびっくり発言をしたあじさい、今年もモコモコとたくさん咲いています。
DPP_2390_201507080210208ce.jpg
確かに遠目に見たらカリフラワーに見えなくもない??ですかねぇ…


歩いていると汗ばんでくるので、夏が来たなぁ~という感じがしますね。
もうすでに日焼け対策をあんまりせずにあちこちうろうろしていて、だいぶこんがりしてしまっている私です。
チューリッヒで過ごせる最後の夏なので、楽しみたいなと思います!


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

ケアチームジャパンバザーにおじゃましてきました♪
今日は、ケアチームジャパンという団体の方々が主催されていたバザーに行ってきました。
今日のチューリッヒはピカピカのいい天気だったので、バザー日和だったのではないでしょうか♪


バザーでは焼き鳥、カレー、たこやき、お寿司、和菓子、高橋さんのパンなどの食べ物の販売や、中古本の販売、ヨーヨー釣り、書道体験、などなどたくさんの企画がされていました。


お友達が手作りのお味噌やウスターソース、カレールーなどなどの手作りのお店を出されていたので、お邪魔してきました☆
DPP_2388_20150708021246951.jpg
ソースもカレーも試食させていただいて、とーってもおいしくて感激でした。
手間ひまかけて大事に作られているのがとってもよくわかる優しいお味でした。
カレー大好きな主人にも食べさせてあげたいな~と思ったので、カレールーを買わせていただきました(*^^*)


そして昨年同様、貴重な日本の本を格安でいくつか買わせていただきました♪
DPP_2389_20150708021021871.jpg
たくさんの本をじっくりと眺めながら、気に入ったものを無事購入できて大満足でした。


会場でたくさんのお友達やその旦那様にお会いできて、少しずつですがお話しできたのも楽しい時間でした♪
日本のバザーがあるよ~、とアナウンスしてくださったお友達、ありがとうございました。


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

ヘルシーお菓子作りの会♪
今日はお友達とお菓子作りをしました。
お菓子を食べたいけど、カロリーが気になるので、ヘルシーなお菓子のレシピを探して作ってみよう!というテーマでお菓子作り♪
COOKPADでレシピを検索して、ガトーショコラとクッキーに挑戦しました。


まずガトーショコラは、お豆腐を使ったレシピでした。
チョコや粉少な目で、お豆腐一丁を裏ごしして入れました。
焼く前。
DPP_2382_20150708021608c55.jpg
うまくいくかちょっとドキドキ。


焼き上がったらずっしりしっとりでいい感じでした。
DPP_2386_2015070802125011a.jpg
冷蔵庫で冷やして試食してみたら、なかなかおいしい!
お豆腐の豆くささは特になく、むしろお豆腐のおかげでしっとりしていておいしかったです。
これでカロリーオフならいいかも、と思いました。


次はクッキー。
バター&お砂糖不使用で、サラダ油とジャムを使ったレシピでした。
バター&お砂糖不使用でクッキーになるのかちょっと不安で、油とジャムを混ぜながらこれでいいのか?とさらに不安に…
そしてそこに粉を入れたら、まぁまとまらない!
DPP_2383_20150708021608326.jpg
手でまとめたけれど、ひび割れるし粉っぽいし…

何とか伸ばして型抜きをして焼いてみました。
焼き上がり。
DPP_2384_20150708021606e77.jpg
見た目は悪くないのですが、いかんせん固い!そして甘くない!
苦肉の策としてヘーゼルナッツクリームをサンドすることに。
DPP_2385_20150708021250480.jpg
サンドしたのが、前にリヨンで買ってきたとってもおいしいヘーゼルナッツクリームだったので、なんとかおいしいクッキーになりましたが、これ全然ヘルシーじゃない(笑)
当初のコンセプトからは大分外れています(^_^;)


ということで、ガトーショコラはうまくできたけれど、クッキーの方はちょっと思ったようにはいきませんでした。
ヘルシーお菓子作りへの道はなかなか険しいようです。
でもあれこれとおしゃべりしながらお友達とお菓子作りをしてとっても楽しかったので、これにめげずにまたちがうレシピでいろいろ挑戦してみたいと思いました♪


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
20フランで中華&お寿司食べ放題♪
今日はめずらしくお友達とチューリッヒでランチ♪
チューリッヒレーベンを卒業してからチューリッヒで外でランチする機会がすっかりなくなっていたので、久しぶりに行ってみました。
お友達と、なんか食べ放題ビュッフェみたいなとこに行きたいね!という話になって、探したところ、中華料理&お寿司のビュッフェで平日お昼なら一人19.9フラン、というチューリッヒでは格安のお値段のレストランを発見したので試しに行ってみました。


『Peking garden』という中華レストランのHardturm店で、場所は17番トラムのFicsherwegで下車して目の前にあります。
ホームページはこちら
DPP_2375_20150708023100f61.jpg


このPeking gardenはチューリッヒ近郊にいくつか店舗があるのですが、中華料理&お寿司の食べ放題をやっているのは、このHardturm店のみのようです。
中華料理&お寿司のビュッフェは平日昼は19.9フラン、平日夜は28.8フラン(水曜夜だけはレディースデーで女性は19.9フラン)、土日の夜は23.9フランと、お値段がタイミングによって様々だったので、私たちは一番安い平日のお昼に行ってみました♪
単品での注文やテイクアウトもできるお店で、たくさんの会社員の方々でにぎわっていました。


こんな感じで回転寿司にあるようなレーンに、小皿に乗ったおかずやお寿司が流れてきます。
DPP_2376_20150708023058c45.jpg
二段になっているのは、上は炒めものや春巻、餃子などのあたたかいもの、下はお寿司やキムチ、デザートなどの冷たいものが流れていました。
下の段はまさに回転寿司♪
DPP_2381_20150708023304042.jpg
あたたかいものはあたたかいまま、冷たいものは冷たいまま食べられてよかったです。


そして、食べたいものを自分でとって、大きなお皿に移して食べる感じでした。
DPP_2377_201507080230577e1.jpg

DPP_2378_20150708023057fda.jpg
後ろに映る大量のお皿たち(笑)

中華風の炒めもの、海藻サラダ、焼き鳥(というかどちらかというとから揚げ串みたいでした)、エビフライ、揚げ餃子、から揚げ、春巻き、カレー風味の炒めもの、太巻き寿司、細巻き寿司、裏巻き寿司、握り寿司(エビ、サーモン、マグロ、卵)、お刺身(サーモン、表面をあぶったマグロ)、枝豆、ガリ、キムチ、フルーツ、などなどいろいろなものが流れていて、好きなものを取れるのが楽しかったです♪
味も価格の割には何でもおいしくて、お寿司もアボガドやクリームチーズなどもこちらのお寿司っぽいものもはありましたが、魚臭くもなく普通においしく食べられました。
全体的に海苔が咬みきれないのがちょっと…となりましたがそこ以外は私は特に問題なかったです。
DPP_2380_201507080233065f1.jpg

サーモンのお刺身になぜ海苔が巻かれているのか、そしてなぜレタスの上に乗っているのかちょっとナゾ(笑)
DPP_2379_20150708023054449.jpg


さすがに日本料理店でいただけるような本格的なお寿司ではないかもしれませんが、このお値段でお寿司が食べ放題になるお店はチューリッヒではあまりないかもしれないな~と思いました♪
そして久しぶりのビュッフェで、食べたいものを自分で選んでちょこちょこ取って食べられるのがまた楽しかったのでよかったです!


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
初めてのお料理教室♪
今日はお友達と一緒にお料理教室に行ってきました♪


お料理教室も、ずっーと前から行ってみたいな~と思っていたけれど、日本では仕事と遊びを詰め込みすぎたせいでなかなか時間が取れず、スイスに来てからも今まで機会がなくできていなかったことの一つでした。
よかったら一緒に行ってみる?とお友達にお誘いしてもらって、ついに今日念願のお料理教室に行ってきました!


テーマはゆるベジレシピ、ということでお肉や乳製品、卵を一切使わないお料理。
私はベジタリアンではなくお肉もお魚もいただくけれど、もともとお野菜が大好きなので、ベジのご飯に興味があったので私の興味ぴったりのテーマでとっても楽しみでした。


今日教えていただいたのはおかず4品+スープ1品+スイーツ1品でした。
DPP_2372_20150708061409670.jpg

DPP_2373_20150708061408fe8.jpg
短い時間にこれだけの品数のお料理を教えていただけるってすごいです。
先生の素晴らしい手際にひたすらうっとりしていました。


先生がお料理しているところを見せていただきながら、説明を聞いて、レシピにポイントを書き込んで、という形式だったので、その場で書きもらすことなくメモが取れてとってもよかったです。
私の超初歩的な、「Dinkelmehlとweissmehlの違いってなんですか?」というような質問にもとっても丁寧に答えていただいて、この食材を使っているのはこういう理由、とそれぞれのお料理でたくさんのことを教えていただけたのですごくためになりました。
白いお砂糖を使わない理由や、おやつは市販のお菓子でなくて手作りのお菓子にしている理由、などをいろいろと伺って、普段いかに自分はあまり考えずに、食材を選ばずに食事をしているかというのがわかりました。
いきなりすべて変えることはできませんが、もっと勉強していろいろなことを知ったうえで、少しずつ安心・安全な食を選択できるようになっていきたいな、と思いました。


また、作ったものはその場でちょこっと試食させてもらって全部すっごくおいしかったので、残りはお持ち帰りできて主人にも食べさせてあげられるのがいいな~、と思いました。
最後にはこんなに素敵なデザートとコーヒーまで出していただいて…
DPP_2374_201507080614063ed.jpg
左上のスイーツはレシピを教えていただいて、今日実際作ったものだったのですが、これが本当に作ってびっくり食べてびっくりのレシピで目から鱗でした。
フードプロセッサーを使うレシピで、うちにはフードプロセッサーがないのですが、このスイーツを作るためにフードプロセッサーを買いたいと思ったくらい、大げさですが本当にそのくらい素敵なレシピでした。


今まで大学で一人暮らしを始めてから完全自己流でずっとお料理してきたのですが(基本はお母さんに習いましたが)、初めてお料理教室に行ってみて、新しい発見がすごくたくさんあってとっても有意義で楽しい時間でした。
今日習ったことを実際の食生活に生かしていきたいな、と思いました。


今日ご一緒してくださったお友達、そしてここを見てはいないと思いますがお料理教室の先生、今日は本当にありがとうございました♪


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

スターバックスでおしゃべりタイム♪
今日は雨のぱらつく日曜でした。
最近あまりお天気がよくなくて寒い日々です。
あまりに寒いので、思わず昨日の夕食は鍋にしたくらいです。


あまりどこに行く気もしないお天気だったので、今日はお友達とスタバでおしゃべり。
(友達の到着を待つ間に撮影したので一人カフェみたいになってます、笑)
DPP_2371_2015070806141059f.jpg
他愛もない時間ですが、とっても落ち着きます。
ああだこうだと日本語英語混じりでおしゃべりしていたらあっと言う間に時間が経って、気づいたら外はすっかり晴れていました。
帰り道は爽やかな風にぽかぽか太陽で気持ちがよかったです。


そんなのんびり日曜日でした。


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

ミラノ旅行♪その4
ミラノ旅行記、最終回です。
よければぜひお付きあいくださいませ♪


~五日目、6/15~

この日もまずはホテルで朝ごはんを食べてからホテルの周りの通りをお散歩して、その通りの風景やきれいに咲いていたあじさいを写真に撮りました。
DPP_2357.jpg

DPP_2369.jpg

DPP_2370.jpg

DPP_2359.jpg
友達もカメラ好きな子なので二人で心行くまで写真を撮って楽しかったです♪


その後、コルソ・コモというおしゃれな地区をぶらぶらしに行きました。
DPP_2360.jpg
ハイテックという雑貨屋さんが目当てだったのですが、行ってからまさかの定休日だったことが発覚!
残念~。
こういうこともありますね。
月曜日は美術館なども軒並み閉まっているので注意です。
しかたないのでお友達とぶらぶらショッピングしました。
一人だったら残念…と一人で思うだけですが、お友達と一緒だと共有できるのでこういうときはいいですね!


そして、ぶらぶらしたあとちょっと早めのお昼ご飯を食べようということになり、ドゥオーモの近くの『ルイーニ』に行きました。
ここのパンツェロットという揚げピザが有名で、ぜひ食べたいと思っていたのです。
DPP_2361.jpg
サクサクの生地においしいトマトソースとモッツァレラチーズがたっぷり!
とってもおいしかったです。
小さく見えますが、油であげてあるので結構お腹にたまりました。
二日目にスポンティーニのマルゲリータを食べて、この日にルイーニのパンツェロットを食べて、どちらもおいしかったのですが、私はどちらかというとスポンティーニの方が気に入って、もう一度食べたい!と思った味でした。


そしてこのあと、そういえばまだティラミス食べてないね!となって、お茶しよう~ということに。
ガッレリアのアーケード内にあるお店(お店の名前を控えてくるのを忘れました…)に入りました。
コーヒーとデザートだけでも大丈夫?と聞いたら快くOKしてくれました。
そして、席についたらホームメイドのケーキを含む数種類のケーキが食べられるプレートがおすすめだよ、と言われてせっかくだからおすすめを頼みたいけれど、でもティラミスが食べたかったので店員さんに、私たちティラミスが食べたいんだけれどそのプレートにティラミスは乗ってる?と聞いてみました。
そうしたら、普段は乗ってないんだけど特別にのせてあげるよ、って言ってくれました♪
言ってみるもんですね☆
店員さんの方から二人でワンポーションにする?と聞いてくれたので一皿を二人でシェアしました。
三種類のケーキとカプチーノ♪
DPP_2362.jpg
真ん中のキャラメルでできたカップに入っているのがティラミス♪
どれもとってもおいしくて大満足でした。


その後デパートのリナシェンテで、ほしいな~と思っていたトリュフ塩を購入!
DPP_2366.jpg
大家さんにもお土産♪
使ってみたいな~と思っていたのでうれしいです。


その後は、月曜日ということもあって美術館もやってないしな~と思って、ふらっと教会に入ったり、
DPP_2363.jpg

DPP_2364.jpg
町をぶらぶらしました。

途中でかわいい雑貨屋さんを見つけたり。
DPP_2365.jpg
ネコちゃんの小物入れを買っちゃいました♪
DPP_2367.jpg


そしてこの日も夕ごはんはホテルで、友達と二人で最後の晩餐♪
やっぱりもう一度スポンティーニのピザが食べたくて、テイクアウトしました!
DPP_2368.jpg
冷めてもおいしくて、やっぱりもう一度食べてよかった!と思いました♪


そして翌日朝早くの飛行機で友達は日本へ、私も9:00ごろのバスでチューリッヒに戻りました。


最後にちょっとミラノの治安についてですが、ミサンガを強引に巻かれる、とか気を付けていてもスリに合う、など、いろいろな情報をきいていました。
なので、バッグはななめがけのかばんを体の前に、お財布には必要最低限のお金だけ入れてクレジットカードは別で持って、パスポートとお金はお腹に隠して、と万全で行ったのですが、そのおかげもあるかもですが、今回は特に危ないことやひやっとする場面はありませんでした。
そして、今は万博の期間中だからか、ドゥオーモの前を始めとした街の至るところに警察が歩いていてあやしい動きをしている人がいないかチェックしてくれていたので、ミサンガ売りの人も鳩のエサ売りの人もさりげなくすれ違いざまにそっと差し出してくるくらいで、そこまでの強引さはなく、買わない、と自分でちゃんと思っていれば大丈夫でした。
万博のおかげですかね!
十分気を付けるのはもちろん必要だったと思いますが、危ない目に合わずに旅行を終えることができてほっとしています。


初めてのイタリアで、万博もオペラもドゥオーモもお買い物も、ピザもパスタもオッソブーコもミラノ風リゾットもティラミスもジェラートも、盛りだくさんでたっくさん楽しめた大満足の旅でした♪
これでミラノ旅行記おしまいです。
お付き合いいただいた方、ありがとうございました!


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

ミラノ旅行♪その3
ミラノ旅行記、続きです。
よければぜひお付きあいくださいませ♪


~四日目、6/14~

この日は1日ミラノ万博デー!
5月1日からミラノでは5年に一度開催される国際博覧会 Expo Milano 2015が開催されています。
食をテーマに140カ国超の国々からの出展があり10月31日まで行われています。


万博の開館時間は10:00~23:00までだったのですが、私たちは始まりの10:00を目指して会場に行きました。
万博の会場はミラノの中心部のゾーンから外に出ないといけないので、公共交通機関の一日券などを持っている場合は+1.6ユーロ(+1ゾーン)、ミラノ中心部から地下鉄に乗る場合は片道2.5ユーロかかります。
そして地下鉄1号線のRHO Fieraで降りるとすぐに入場ゲートがあります。
開場時間の10:00ぴったりくらいに行ったらこの混雑ぶり!
DPP_2299.jpg
ディズニーランドを彷彿とさせます。


でも開場したら割りとすぐに入れました。
入場の前には手荷物検査があります。
ペットボトルの飲み物はかばんから出してチェックに通せば持ち込みOKでした。
私たちは前売り券を事前に購入していたのでそれを印刷していって、そこについていたバーコードを機械にかざしたら入場できました。
日付指定の前売り券は一人27ユーロでした。


入場ゲートを通るとそこからパビリオン・ゼロまで、橋を渡って歩いて約10分ほどかかりました。
DPP_2300.jpg

そして各国のパビリオンが並ぶ通りも約2kmほどあるので、あちこち見て歩くとかなり足が疲れます。
DPP_2301.jpg
適度に休憩を取りながら回った方がいいなぁと思いました。


私たちは、あまり並ばないパビリオンを中心に(日本館だけは一時間ほど並びました。)、ぶらぶらとパビリオンを回りました。
もし今後行く方の参考になれば、ということで入ってみたパビリオンについて一つずつ下に書いてみます。


①パビリオン・ゼロ
DPP_2324.jpg

ここは今回の万博のテーマなどが展示されていました。
DPP_2325.jpg

DPP_2326.jpg

飢餓をなくそうというメッセージや、
DPP_2327.jpg
捨てられている食べ物に関してなど、
DPP_2328.jpg
とても考えさせられる展示となっていたので、ここはぜひ行かれることをおすすめします。
やはり皆さんまず一番に見ようと思われるようで、開場後すぐは行列ができていましたが、私たちは混んでいたのであとで入ろうということにして、15:00ごろ行ってみたらすいていて並ばずに入ることができました。


②Tree of Life、生命の木
DPP_2316.jpg
今回の万博のシンボルです。


③日本館
DPP_2302.jpg
開場後すぐ行ってみたら2時間待ちだったので、入るのはあきらめたのですが、夕方に行ってみたら1時間待ちになっていたので並んで入りました。
きちんと並ぶためのロープが張ってあったり、待ち時間が表示されていたり、並び始めたらトイレがないのでぜひトイレを済ませてからお並びくださいとアナウンスしていたり、そんなところにまず入る前から日本らしいまじめさを感じました。
この木で組まれた壁は、釘を使わないで作られているのだそうで、こんなところにも日本の技術が光りますね。
DPP_2311.jpg

漢字をモチーフとした展示。
DPP_2339.jpg

日本館独自のアプリと連動して遊べるコーナー。
DPP_2340.jpg

日本食のレプリカコーナー。
DPP_2347.jpg

おいしそうすぎます…
DPP_2341.jpg

DPP_2342.jpg

DPP_2344.jpg

DPP_2343.jpg

DPP_2346.jpg
日本食はお寿司だけじゃないって伝わるかな?

続いて、食に関する問題を取り上げたコーナー。
お久しぶりのモリゾーとキッコロ♪
DPP_2345.jpg

お箸を練習してみようのコーナー☆
DPP_2348.jpg
皆さん興味津々でした。

バーチャルのレストラン。
お箸を手にとって、画面にタッチしたりできます。
DPP_2349.jpg

DPP_2350.jpg
慣れない手つきでお箸を手に取ってうれしそうにしている皆さんを見て、何だか私もうれしい気持ちになりました。

みんなで日本式のあいさつ。
DPP_2351.jpg

おいしそうすぎるご飯たち…
DPP_2352.jpg

DPP_2353.jpg

DPP_2354.jpg

DPP_2355.jpg

パビリオン出口ある日本食レストランコーナー。
「美濃吉」のレストランの他に、CoCo壱番屋やモスバーガー、サガミなどが出店していました。
DPP_2314.jpg

DPP_2313.jpg

DPP_2312.jpg
カレーもライスバーガーもなかなかのお値段ですが、食事に関してはどこのパビリオンも高めの値段設定だったので、日本館が特段高いとは感じませんでした。

日本館に関してはいろいろな意見があるようですが、私は入ってみたパビリオンの中で一番クオリティの高い、素晴らしい展示だと感じました。
そして私が日本館に入った時、友達は学会に行っていたので(友達は学会に参加するためにミラノに来ていて、空き時間で私とミラノ観光をしていました)、一人で展示を見て回っていたのですが、一人でうろうろする日本人の私を見て、「お一人ですか?」とさりげなく声をかけてくださって、バーチャルのレストランのお席が一人分開いているのでよかったらどうですか?とすすめてくださったり、映像の上映中も「いかがですか?」と話しかけてくださったりして、そのさりげなくて遠慮がちな気遣いに、久しぶりに日本の細やかなサービスを感じて、何だかちょっぴり泣きそうになって、日本のこういうところ、好きだなって思いました。
そんな日本人スタッフの方々の日本らしい気遣いは、きっと日本人以外の人たちにも伝わって、それも人気のパビリオンである理由の一つなのではないかな、と思いました。
難点としては待ち時間が長いことと、見学自体にも50分ほどかかるので、時間に余裕がないとなかなか入りにくいことですが、もしお時間あればぜひ入ってみる価値はあると思いました。


④モロッコ館
DPP_2307.jpg

モロッコの名産品である、アーモンド、バラ、サフラン、みかん、インゲンなどのものがきれいにディスプレイされていて、バラのいい香りがするコーナーもあったりして楽しめました。
DPP_2308.jpg

DPP_2309.jpg

モロッコといえば、のタジン鍋も売られていました。
DPP_2310.jpg


⑤イスラエル館
DPP_2336.jpg

映像がメインの展示でした。
DPP_2335.jpg
イスラエルの農業に関する技術を紹介するのがメインで、国としてこれからもっと成長していきたいという思いを感じました。


⑥アンゴラ館
DPP_2323.jpg

私たちはここでご飯を食べてみました。
アンゴラ館を選んだ理由は、きっと一生訪れることがなさそうな国のご飯を食べてみたかったから♪
こんな楽しみ方もありかな、と思います!
私が頼んだのは『Kibeba with stewed cuttlefish , cassava , okura , and pulp of denden』。
DPP_2322.jpg
イカとおくらとキャッサバはわかったのですが、結局キベバとすりつぶしたデンデンは何かわからず(笑)
でも味はおいしかったし貴重な経験ができた気がして、とても楽しいランチでした♪
初めて食べたキャッサバ、社会の教科書で見たことしかなかったけれど、ほっくりとしたおいもの食感でなかなかおいしかったです。


⑦お米コーナー
DPP_2329.jpg

『Rice』のコーナーの周りには水田が作られていて、お米を食べる国、バヌアツ、ミャンマー、ラオス、バングラデシュ、カンボジアなどの小さなパビリオンが立っていました。
展示は各パビリオンそんなに充実していたわけではなく、民族工芸品などの販売が主でしたが、バングラデシュ館のカレー、おいしそうだな~と思いました。
DPP_2330.jpg


⑧イタリア館
イタリア館は開催国だけあってかなり充実していました。
すべて見て回る時間がなかったので、ワインのコーナーだけちらりと見学しました。
DPP_2337.jpg

DPP_2338.jpg

グラスを購入して、イタリアのワインを試飲し放題のコーナーがものすごい充実ぶりでびっくりでした!
DPP_2297.jpg

DPP_2298.jpg

いろいろとイタリア料理も食べられるようだったのですが、万博内はちょっぴりお値段が高いので、ミラノの街中で食べる方がお安いのかな~なんて思いました。


⑨トルクメニスタン館
ここはうーん…
食に関する展示というよりはほぼ石油など地下資源に関する展示でした。
お国柄しかたないのかもしれませんね。


⑩フランス館
DPP_2317.jpg

フランスの主な植物や野菜、ハーブなどを実際に植えて展示していました。
DPP_2318.jpg
その植物が実際になっているところを見る機会はなかなかないのでおもしろかったです。
前の日に食べたズッキーニのお花♪
DPP_2319.jpg

パビリオン内は、フランスのさまざまな名物を天井から吊り下げた展示や、フランスのさまざまな「音」の展示など、フランスらしいおしゃれな展示で楽しめました。
DPP_2320.jpg

DPP_2321.jpg


⑪スーダン館
ここは本当にもう工芸品の販売のみで特に展示はなしでした。
各国の展示のクオリティの違いは本当に大きいです。


⑫モルドバ館
ここも展示は充実しておらず、民族舞踊の映像のみ。
DPP_2331.jpg
小さいレストランがパビリオン内にありました。
DPP_2332.jpg


⑬マレーシア館
まずは映像、その後熱帯雨林を再現した展示や、マレーシアの成長をアピールする展示がありました。
DPP_2333.jpg
国の成長の勢いを感じる展示でした。
マレーシアらしいプリントに、自分で色塗りできるコーナーもありました。
DPP_2334.jpg


⑭オマーン館
こんな感じのご飯だよ、のコーナー。
DPP_2303.jpg


⑮ロシア館
DPP_2304.jpg
ロシアといえば、ボルシチとピロシキ?とそんな知識しかなかったのですが、それってきっと日本=スシでしょ?というのと同じで、それだけじゃないよ~というのが伝わってくる展示でおもしろかったです。
DPP_2305.jpg

DPP_2306.jpg



私は今回以上15か所のパビリオンを見て回りました。
10:00~19:00くらいまでいたので約9時間で15か所。
本当はもっとイタリア館も見たかったし、スイス館も見たかったのですが、スイス館は整理券制で整理券がもう出払ってしまっていて入れず、そして9時間ずーっと立ちっぱなし歩きっぱなしだったので正直足がもう限界でした。
ここも見たかったなぁというところはありますが、でもたくさんの国のパビリオンを1日で回れていろいろな国に言ったような気分になれたし、めずらしいものも食べられたし、日本館にも入ることができたので私的には大満足でした!
初めて万博というものに行ったのですが、興味深い展示がたくさんあって、いろいろな国のことを学べて、とっても楽しかったです。


この日はもうとーっても疲れたので、ホテルのお部屋でのんびりまったり、友達とおしゃべりしながら食べて飲んでだらだら~♪
DPP_2356.jpg
こんな時間もとっても楽しくて幸せでした。


この日はほろ酔いでとってもいい気分で、あっという間に眠りに落ちました!
これで4日目はおしまいです。
ミラノ旅行記、もう少し続きます♪


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ミラノ旅行♪その2
ミラノ旅行記、続きです。
よければぜひお付きあいくださいませ♪


~三日目、6/13~

この日はホテルで朝食をとったあと、スーパーでいろいろとお土産をお買い物♪
地下鉄2号線のSant` Ambrogio駅の近くのPamというスーパーに行きましたが、適度な広さで何でもそろってよかったです。
DPP_2276.jpg
友達は所属する大学の研究室やバイト先に、とばらまき用お菓子を買っていて、日本のお土産を配る文化というのを久しぶりに思い出した一場面でした。
私はパスタやポルチーニ茸などが、スイスよりもとても安かったのでそれと、二人前のリゾットの素が1つ1ユーロだったのでそれも買ってみました♪
DPP_2277.jpg


そしてお洋服屋さんに行って、友達が前日からほしいな~と言っていたワンピースを試着してお買い上げ♪
結婚式に来ていけるようなワンピースを探していたお友達、とっても似合っていたので気に入ったものが見つかってよかったなぁ~と思いました。


そしてホテルに一旦荷物を置きに帰ってランチへ♪
この日のランチはちょっと奮発していいところに行きました!
ブレラ地区にある『Nabucco(ナブッコ)』というお店に行きました。
DPP_2283.jpg
トリップアドバイザーなどのサイトの口コミでも評判のよい、ミラノ料理のお店です。
とてもおしゃれなお店で、店員さんもとても優しかったです。
テーブルの上の飾りも素敵♪
DPP_2279.jpg

まず、白ワインを頼みました♪
DPP_2278.jpg
お兄さんさわやか笑顔(*^^*)

前菜に頼んだシーフードのサラダ。
DPP_2281.jpg
タコと海老がたっぷり!
この海老が本当に本当においしすぎて感激!
右上にちらっと写っているマグロも味が濃くて、久々においしい魚介を堪能できてとっても幸せでした~♪
左下の、ズッキーニのお花の中にリコッタチーズが詰めてあって、ジェノベーゼソースが添えてあるのも、すごーくおいしかったです!
ズッキーニのお花を食べたのは初めてでしたが、ほのかにズッキーニの味がして、やわらかくておいしかったです。
添えてあったジェノベーゼソースも絶品!

メインは食べたかったオッソブーコのミラノ風リゾート添えをお友達と二人でシェアしました♪
DPP_2282.jpg
煮込まれたお肉がやわらかくて、リゾットもおいしくて大満足でした!
でもやっぱり私たちにとっては量が多くて、二人でシェアでもものすごくおなかいっぱいだったので、二人で1つで本当に十分でした。
シェアしたいのですが…と注文のときに伝えたら、快く受けてくれて、あらかじめ二つのお皿に分けて持ってきてくれ、とてもサービスが細やかでよかったし、味もとてもおいしかったので、少し奮発して来てよかったなぁと思いました!
とてもおすすめのレストランです。


そしてご飯を食べたら、スフォルツェスコ城を外から見て、
DPP_2287.jpg

DPP_2284.jpg

裏のセンピオーネ公園をぶらっとお散歩。
DPP_2285.jpg

あじさいがとってもきれいでした。
DPP_2286.jpg


そしてその後、見に行きたいと思っていたブレラ絵画館を見に行きました。
DPP_2288.jpg

DPP_2289.jpg

ランチをしたレストランも、スフォルツェスコ城も、ブレラ絵画館もすべて地下鉄1号線のCailori駅近くだったので、とても回りやすかったです。
ブレラ絵画館には、ラファエッロの『マリアの結婚』や、
DPP_2291.jpg

マンテーニャの『死せるキリスト』などの有名な作品があります。
DPP_2290.jpg

また、二日目に見たレオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』ではなくて、ダニエレ・クレスピやルーベンスの描いた最後の晩餐が所蔵されていました。
こちらはダニエレ・クレスピの作品。
DPP_2292.jpg

そしてこちらはルーベンスの作品。
DPP_2293.jpg

こちらは前日に見たレオナルド・ダ・ヴィンチの作品。
DPP_2244.jpg

同じ聖書のお話から描いた作品であるものの、ダニエレ・クレスピやルーベンスの描いた最後の晩餐はレオナルド・ダ・ヴィンチの作品とは全く異なっていました。
スペインのトレド大聖堂で処刑される前日のキリストを描いた宗教画を見たときに、エル・グレコの作品と、ゴヤの作品の違いに驚いたのと同じように、今回も同じ場面であっても、捉え方、描写の仕方によって全く違った絵になるというのがとてもおもしろくて、同じ題材を絵にする、宗教画ならではのおもしろさだなぁと思いました。
私は美術に詳しくないのでこんな楽しみ方がよいのかよくわからないのですが、ここを入り口に、美術のことにももう少し詳しくなれたらと思いました。
ブレラ絵画館、そんなに大きな美術館ではありませんが、あまり混み合っていなくてゆっくり絵を楽しめるし、なんだか雰囲気がよくて私はとても好きだなぁと思ったので訪れてよかったです。


そして、ホテルに一度戻って服を着替えて、20:00からスカラ座でオペラ「カルメン」を見に行きました。
DPP_2275.jpg

DPP_2294.jpg

オペラ、なかなかお値段もするので見るかどうか迷いましたが、女二人旅でドレスアップしてオペラを見るなんて、なかなか機会がないかも!と思って見に行くことにしました。

今回はボックス席で鑑賞しました。
DPP_2295.jpg

昨年の秋、チューリッヒのオペラハウスのオープンオペラでセビリアの理容師のプローべ(リハーサル)を見てから、ぜひ本番のオペラを見てみたいなぁと思っていたので、とても楽しみでした。
チューリッヒでプローべを見たときは、オペラというものに触れるのが全くの初めてでわけもわからずフラリと見に行ってしまったのでなんの予習もしていかなかったのですが、今回はあらすじと有名な曲をちゃんと予習して行きました。

オペラ・カルメンジョはルジュ・ビゼーの作曲で、原作はプロスペル・メリメの小説『カルメン』です。
舞台は1820年頃、スペインのセヴィリャ、登場人物は、ジプシーの女のカルメン、軍隊の兵士のドン・ホセ、セヴィリャの闘牛士のエスカミーリョ、ホセの故郷の許嫁のミカエラが主な登場人物です。
自分の覚え書き的な意味も込めて、簡単なあらすじを載せます。

【第1幕】
タバコ工場で働く女工たちの中で、若い男たちに一番人気のあるジプシーのカルメンは「ハバネラ」を歌って男たちを魅了します。ところが、衛兵のドン・ホセだけは彼女に興味を示しません。そこでカルメンは胸に付けていたカッシアの花をホセに投げつけ、去っていきました。
仕事に戻った女工たちは工場の中で喧嘩騒ぎを起こします。原因はカルメンで、彼女は捕らえられます。でもカルメンは、衛兵のホセを誘惑して手縄をゆるめさせ、逃げ去りました。

【第2幕】
1か月後、カルメンを逃がした罪で禁固となっていたホセが、閉店後の酒場にいた彼女に会いに行きます。ホセは彼女からもらった花を手に愛を告白しますが、それならばとカルメンは彼に軍隊に帰営しないで、すべてを捨てて自分の下に残るように求めます。ホセは迷いました。そして仕方なく脱走兵としてジプシーの仲間となったのです。

【第3幕】
カルメンのジプシー仲間は密輸をして稼いでいました。そのことを知って後悔するホセ。カルメンはそんな彼に愛想を尽かします。カルメンの恋心は、すでに闘牛士エスカミーリョに移っていました。
そこへホセの故郷から娘ミカエラが訪ねてきます。彼女からホセの母が重病だと聞いて、彼は故郷に帰ることにします。

【第4幕】
1か月後、闘牛場前の広場。この日は闘牛の当日で、カルメンと愛の言葉を交わした闘牛士エスカミーリョが闘牛場に入っていきます。広場に残ったカルメンの前に現れたのが、戻ってきたホセです。やり直そうと言うホセでしたが、カルメンは彼を相手にしません。しつこく食い下がるホセに対し、カルメンは昔もらった指輪を投げつけました。そのときホセは激昂してカルメンを刺し殺してしまいます。そしてその場に呆然と立ちつくしたのでした。

以上が簡単なあらすじですが、前奏曲やカルメンの歌う「ハバネラ」、第2幕でエスカミーリョが歌う「闘牛士の歌」など、有名で私でも知っている曲が目白押しだったので、オペラ初心者の私でも親しみやすく、とても楽しめました。

演者の方々の演技と歌声、オーケストラの素晴らしい生演奏にひきこまれて、二時間半が本当にあっという間でした。
初めてのオペラ鑑賞、美しいものを見て聴いて心が豊かになったように感じましたし、皆さんドレスアップしてとても楽しみにオペラを見に来ているそんな会場の雰囲気もとっても素敵で、また機会があったらぜひ見に行きたいと思いました。


オペラが終わったのは11時すぎでしたが、オペラ鑑賞後のお客さんがまわりにたくさんいたので、危ない思いをすることなく、
夜のドゥオーモを見て、
DPP_2296.jpg
地下鉄に乗ってホテルまで戻ることができました。


これで三日目はおしまいです。
ミラノ旅行記、もう少し続きます♪


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。