プロフィール

はる

Author:はる
旦那様の海外留学にくっついてスイス・チューリッヒへ!!
英語はカタコト、ドイツ語は全くわからないままに生活スタート.
わからないことだらけですが、2014.04~2016.03までの2年間のスイス生活&主婦生活楽しみたいと思っています☆
デジタル一眼レフくんを相棒にスイスでの生活を記録していきます♪

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

お問い合わせや直接の連絡などは、こちらにどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

【スイス情報.com】


【スイス情報.com】のスイス在住日本人が発行するメルマガです!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

チューリッヒ一眼レフブログ2~海外留学のおとも~
旦那様の海外留学にくっついてスイス・チューリッヒへ!! 2014.04~2016.03までの2年間、デジタル一眼レフくんを相棒にスイスでの生活を記録していきます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリンデルワルト&ツェルマット~ベルン立ち寄り~の旅、五日目♪
~8/25~

ついに旅行最終日!


この日も朝6時から朝焼け待機!
DPP_0773.jpg
まだ日本人の団体さんが来る前だったので、いい位置をゲット☆
日の出を待ちますが、お隣の関西人のおじさまたち、一人どうもせっかちさんがいて、今日はもう無理やろ、ホテル戻ろう、を連発(笑)
確かにこの日は雲が多くて、そんなにきれいには見えなかったけど、こんな感じの景色は見えました。
DPP_0774.jpg

DPP_0775.jpg

DPP_0776.jpg
でもお隣さんは朝焼けがピークを迎える前に帰っちゃいました。
ちょっともったいない~と思った一幕でした。


この日もホテルで朝ごはんをたっぷり食べて、元気に出発!
まずはロートホルンの展望台へ。
DPP_0777.jpg
主人がロート製薬の歌を歌うせいで、私の頭のなかはすっかりロート製薬!(笑)

スネガで乗り換えの時はマッターホルンちゃんと見えていたのですが。
DPP_0778.jpg

DPP_0806.jpg

ロートホルンに到着!
DPP_0780.jpg

マッターホルンはちょいと隠れぎみ。
DPP_0781.jpg

氷河がすごい!
DPP_0782.jpg


景色を見ていたら、パラグライディングのインストラクターのイケメンお兄さんに、パラグライディング申し込んだ人?と聞かれました。
申し込んだのは私達ではなかったので「違いますよ~」とお返事したけれど、私もいつかやってみたいなぁと思いました。


そして十分景色を堪能したら、ここからハイキング開始!
逆さマッターホルンがうつるというシュテリゼーという湖をまず目指し、そこからスネガまで歩くコースです。
歩き始めは結構な急坂。
そして、3103mという標高なのでほとんど植物は生えておらず、むき出しの岩と乾いた赤茶色の土が広がっていました。
DPP_0783.jpg
滑りやすいので注意しながら進みます。
どんどんどんどん下っていくと、少しずつ植物の姿が見えてきました。
DPP_0785.jpg

DPP_0786.jpg
背の低い小さな植物から始まって、徐々に大ぶりの植物へ。
DPP_0784.jpg


目の前に氷河とマッターホルンを望みながら、植物の変化を楽しみながらのハイキング。
DPP_0787.jpg

ハイキングマップと道上の標識を見ながら歩いていたのですが、途中少し道を間違えたようで、シュテリゼーによらずに直接スネガの駅に向かう、やや険しめのコースに入ってしまったことに途中で気づいた私たち。
間違った道を進んでしまったのが距離的にそこまで長くなかったことと、せっかくなら湖によりたいよね、ということでちょっと道を引き返すことに。
かなり急な下り坂を進んできた私たち。
…ということは、引き返すには急~な上り坂。。。
目の前に立ちはだかる上り坂にちょっと心折れそう…となっていたところに現れたのはヤギさんの群れ!
DPP_0790.jpg
白と黒のツートンカラーが印象的なヤギさん。
DPP_0791.jpg
ツェルマットやサースフェーなどオーバーヴァリス地方に生息する珍しいもので、ドイツ語で、ヴァレー地方の黒い首のヤギ、という意味で『ヴァリサー・シュヴァルツハルスツィーゲ Walliser Schwarzhalsziege』という名前なのだそうです。
珍しいヤギさんにテンションが上がり、よーし坂を上るぞー、と気合で登り始めました。
もくもくと登っていると、はっ!!!
これは、かの有名な!!
エーデルワイス!!!
DPP_0792.jpg

DPP_0793.jpg

DPP_0794.jpg
野生のエーデルワイスに出会いたいという淡い期待を持っていた旅だったので、とってもうれしかったです。
白い綿毛に覆われ、他の植物にまぎれてひっそりと咲くその姿は本当に可憐で美しかったです。


そこからほどなくして正しいコースに合流し、最後にこんな岩場を通ったらシュテリゼーに到着!
DPP_0797.jpg
逆さマッターホルン!
DPP_0798.jpg
ちょうど私たちが到着したころから風がやまず、これが限界でした。
前日のリッフェルゼーの方が綺麗に見えたかな~?


ここで少し休憩したら、ハイキング再開。
DPP_0799.jpg

ここから先はかなりたくさんの植物に出会うことができました。
DPP_0789.jpg

DPP_0788.jpg

DPP_0795.jpg

DPP_0796.jpg

DPP_0802.jpg

DPP_0801.jpg

DPP_0800.jpg

DPP_0803.jpg


途中からマーモットのたくさん住む場所の近くを通ったり。
この日はマーモットちゃんの姿は見られなかったけど、かわいい鳴き声は時折聞くことができました。


そしてほどなくしてスネガに到着。
スネガの駅の近くにあるライゼーという湖で一休み。
DPP_0804.jpg
ここはちょっと公園のようになっており、休むための椅子などもたくさん置かれています。
でも、ガイドブックには逆さマッターホルンが見える、と書いてあるのですが、湖の上をいかだに乗って渡ることのできる遊び道具が設置されており、子供ちゃんたちに大人気なので常に湖面が揺れている状態のため、きれいな逆さマッターホルンは期待できないかな~と思います。
DPP_0805.jpg
でも湖とマッターホルンを眺めながらの~んびり、とっても気持ちよかったです。


そして、スネガからまたケーブルカーでツェルマットの街まで戻りました。
これで今回の旅の全行程終了!
あとはCOOPでビールを買って、パプリカチップスを食べながらチューリッヒまでゆるゆると戻りました♪


この5日間本当に比較的お天気にも恵まれ、素敵な思い出がたくさんできました。
スイスってなんて素晴らしいの!と思うことができた旅行でした♪
夏休みを取ってくれた主人と、いろいろな旅のアドバイスをくれたお友達に感謝です。
今回の旅行で持って行ってよかった!と思ったものは、サングラスと手袋、フードつきの厚手の上着でした。
標高の高いところや朝晩は非常に冷え込むのと、雪からの照り返しがかなりきつく目が開けていられないほどだったので、グリンデルワルトやツェルマットに行かれる方はぜひ持っていくことをお勧めします☆


長~い旅行記になってしまいましたが、読んでくださった方ありがとうございました♪


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
グリンデルワルト&ツェルマット~ベルン立ち寄り~の旅、四日目♪
~8/24~

この日のツェルマットは晴れ!
そして、朝5時半に張り切って起床しました!
それは朝焼けのマッターホルンを見るため^^
マッターホルンがよく見える橋の上、ベスポジを確保して待ちます。
5:45時点ではまだ真っ暗。
DPP_0731.jpg

DPP_0732.jpg

人も全然いません。
6時を過ぎると徐々に明るくなってきて、わらわらと日本人が集まってきました。
朝焼けを待機しているのは8割方日本人(笑)
スイスにきて約5ヵ月経ち、周りが英語やドイツ語なことに慣れてきているので、日本語ばっかり聞こえることに逆に違和感(^-^;)
そしていよいよ、日の出の時刻6:41を過ぎると段々てっぺんが赤くなってきました!
DPP_0733.jpg

DPP_0734.jpg

DPP_0735.jpg
雲が少しあったので、完璧ではありませんがそれでもきれい!!
朝焼けや夕焼けって、やはり日本人の心の琴線にふれるのでしょうか。
何だかとっても感動しました。


その後ホテルに戻って朝ごはんをたくさん食べて、この日はまずマッターホルン・グレッシャー・パラダイスに向かいました。
グレッシャーパラダイスのケーブルカーは頂上から降りる最終が16:00とかなり早いので、朝一で行った方がいいよ~とホテルのお姉さんが教えてくれたのでそのとおりに♪
いくつかのロープウェーやケーブルカーを乗り継いでいきます。
DPP_0738.jpg
どんどんマッターホルンが近づきます。
途中の乗り換えポイントでパシャリ☆
DPP_0739-2.jpg
ロープウェーやケーブルカーを何度か乗り継いで、いよいよグレッシャーパラダイスに到着!
DPP_0740.jpg


グレッシャーパラダイスの展望台の外に出ると、絶景!
雲なし!!
マッターホルン!
DPP_0741.jpg
マッターホルンとモンブラン。
DPP_0742.jpg
遠くにユングフラウやメンヒもちらりと見えました。
本当に素晴らしいお天気で、最高でした。
DPP_0743.jpg


雪原!
DPP_0747-2.jpg
ブライトホルンを背に。
DPP_0746-2.jpg
ユングフラウヨッホのときもそうでしたが、あまりに壮大な自然を目の前にするとただただ感動し、言葉が出てこないものなのだなと思いました。
思う存分景色を眺めて、目に焼き付けました。


そして、グレッシャーパラダイスを後にしてツェルマットの街まで降りてきたら、続いて登山電車でゴルナーグラート展望台へ!
この登山電車、本当に車窓が素晴らしくて、マッターホルンを回り込むようにして眺めながら、氷河やアルプスの山々が次々と現れる様子がとっても素敵でした。
ゴルナーグラート展望台に着くと、ここもまさに絶景!
本当に毎日いいお天気の絶景ばっかりで、今年の運を使い果たしてるんじゃないかと思ったり(笑)
マッターホルンは少し雲が。
DPP_0770.jpg

ブライトホルンと、双子の山カストール&ポリュックス。
DPP_0769.jpg

リスカム。
DPP_0768.jpg

モンテローザ。
DPP_0767.jpg
これが噂の!と二人で大はしゃぎ。
日本ではよくモンテローザグループにお世話になっていましたので(笑)


氷河が本当に近くて圧倒されます。
DPP_0748.jpg

DPP_0749.jpg

こんなところに立っているなんて。
DPP_0750-2.jpg
さすがにちょっと足がすくみました。


ここでも景色を十分堪能したら、登山電車で一駅戻ってローテンボーデンからハイキング開始!
まず目指すはリッフェルゼーという湖。
ここに着いたときまだマッターホルンに少し雲がかかっていたので、おやつを食べながらねばること約1時間半。
逆さマッターホルン!
DPP_0752.jpg
完全に雲がとれてはいないけど満足♪

綿花とマッターホルン。
DPP_0751.jpg

小さい方のリッフェルゼーの逆さマッターホルンも♪
DPP_0756-2.jpg


たくさん写真を撮って満足し、登山電車の駅、リッフェルベルグへ向かってハイキングを再開しました。
途中、夕暮れの西日のなかアルプスの山々に囲まれながらその景色と自然を満喫。
DPP_0762.jpg

DPP_0757.jpg

DPP_0759.jpg

DPP_0758-2.jpg
主人と私しかいなくて大人二人、子供の頃に戻ったようにはしゃぎながら自然に溶け込んで遊びました。
あまりに美しくて幸せなこの光景をきっと、ずっとずっと覚えていて、思い出すたびに幸せな気持ちになるのだろうなと思いました。


そこからさらに歩を進めると、そこに現れたのは一匹のマーモット!
DPP_0760.jpg
私達に気づくことなく草を食べていました。
そーっとシャッターを切ります。
時折周りを警戒して立ち上がってキョロキョロしてるけれど、私達には全然気づかないところがたまらなくかわいい♪
DPP_0761.jpg
でも私達がどうしても通らないと先に進めない道のすぐ脇にこの子がいたので、ごめんね、と思いながら草をふんで足音を立て、ここに人がいるよ~と知らせました。
私達に気付くとあっという間に走っていったマーモットちゃん、びっくりさせてごめんね。


さらに歩くと今度は羊さんの群れが!
DPP_0754.jpg

DPP_0755.jpg
黒い顔と足が特徴の珍しい羊さん。
ヴァレー地方の黒い鼻の羊、という意味で『ヴァリサー・シュヴァルツナーゼンシャーフWalliser Schwarznasenschaf』というのだそうです。

そしてまた、しばらく歩いてリッフェルベルグ駅に到着!
DPP_0763-2.jpg
ここから登山電車に乗って、ツェルマットまで戻りました。


朝焼けから夕暮れまで山を大満喫の一日!


そして、夕食はどうしようか~と話し合った結果、前の日に行ったレストランが気に入りすぎてもう一度そこに行くことに。
主人はロシュティとブラートブルストのブラウンソースがけ、
DPP_0765.jpg
私はロシュティとチーズとトマトの乗ったポークステーキを注文。
DPP_0764.jpg
ロシュティが、柔らかくてとってもおいしかった~!!
付け合わせのニンジンとズッキーニも少しにんにくの香りが付けてあってよかったし、ブラウンソースもポークステーキもいいお味で大満足!
やっぱり今日もここに来てよかったね、と主人とニコニコ(*^^*)


帰りにもう一度マッターホルンがよく見える橋の上に行ってみると、雲が消えていました。
夕暮れのマッターホルンも素敵。
DPP_0766.jpg

ここまで、毎日ハイキングしていましたが筋肉痛もなく順調!
いよいよ旅行も終盤!
この日もお風呂につかって、早めに寝ました♪


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
グリンデルワルト&ツェルマット~ベルン立ち寄り~の旅、三日目♪
~8/23~

この日のお天気は曇り。
朝のうちはなんとかアイガーの姿が確認できました。
この日はツェルマットに移動する前にフィルストに登りました。
ロープウェーから。
DPP_0708.jpg

アイガー。
DPP_0705.jpg

シュレックホルン。
DPP_0707.jpg

ヴェッターホルン。
DPP_0706.jpg

氷河が見えます。
DPP_0709.jpg

ここまではよかったのですが、ぐんぐん登っていくと、霧!
DPP_0710.jpg
何も見えませーん!(笑)

上まで上がると、やっぱり霧!
DPP_0711.jpg


でもハイキングはできそうなかんじだったので、バッハアルプゼーという湖を目指してハイキング!
霧~。
DPP_0729-2.jpg

派手ではないけど心癒される景色♪
DPP_0713.jpg

お花。
DPP_0712.jpg

昨日のメンリッヒェン~クライネシャイデックのコースと違って、地面がしっとりと濡れていてぬかるんでいるところがたくさんありました。
そのため、植物の種類も少し違っていて、湿地を好む綿花が群生。
DPP_0714.jpg
ふわふわ、ゆらゆら揺れてなんだかかわいらしい♪
DPP_0715.jpg


霧がすごくて、遠くに見えるはずの山々はまったく見えないけど、しっとりとした爽やかな空気と植物、お決まりの牛さんを見ながら歩くと楽しい♪


約50分でバッハアルプゼーに到着!
DPP_0716.jpg

DPP_0730-2.jpg

山が見えたらもっとよかったけど、霧の中の湖も素敵♪
DPP_0717.jpg
ときおり差す日差しにキラキラ輝く水面がきれいでした。

湖を見ながら早めのお昼を食べて、再びフィルストへ戻りました。
この道すがら、野生のマーモットにちらりと遭遇!
写真をとる間もなく逃げてしまったので残念でしたが、ちょこっとでも会えてテンションアップ!
うきうきとフィルストまで戻りました。


本当はここで、フィルストフライヤーという、フィルストからロープウェーの一区間分、ブランコのようなものに乗って滑空できるアトラクションをやりたかったのですが、霧がすごすぎてやっておらず…
やりたかったけど、仕方ない~ということであきらめました。
いつかやる機会がありますように!


フィルストを後にして、グリンデルワルトまで下りたら、朝見えていた山たちも全部雲のなか~。
じゃあちょっと早めに次の目的地、ツェルマットに移動しよう!ということでグリンデルワルトに別れを告げて電車に乗り込みました。


シュピーツとフィスプで乗り換えて、最後にツェルマット行きの電車に乗り込みそこから一時間。
一時間と、少し時間があったのでビールを飲みながらナッツを食べるという至福(笑)
景色を楽しみながら、あっという間にツェルマットに到着です!
DPP_0718.jpg


ツェルマットは晴れ!
ツェルマットは自動車の乗り入れが禁止されているので、電気自動車(バスやタクシー)や馬車が走っています。
DPP_0721.jpg

かわいい街並み。
DPP_0720.jpg

マッターホルンは、おしい!
雲がすこーしかかっていました。
DPP_0728.jpg

やっぱり川が白いです。
DPP_0724.jpg


ツェルマットでお世話になるホテルは、駅から約徒歩10分弱のところにあるホテル「Le Petit Hotel」。
二人で二泊、朝食つきでCHF 330。
きれいなお部屋でいい感じ♪
DPP_0722.jpg

DPP_0723.jpg

屋上からはマッターホルンが見えます☆
さて、ホテルの部屋に荷物を置いたら夕食へ!
どこがいいやら、よくわからなかったので通りをうろうろ。
私のカンでここ!っとピンときたレストラン「Stadel」に入ることに。
主人はサーロインステーキのルッコラとくるみ添え(またステーキ食べてる、笑)、私はキノコのクリームリゾット(CHF 19)にしました。
DPP_0727.jpg

DPP_0726.jpg

あと、ラクレットを一回分でお試しで頼める(CHF 8)っていうのがあったので、それも頼んでみました。
DPP_0725.jpg

ここのお店、ふら~っと入ったのにとってもおいしかったです!
特に私はクリームリゾットがすっごく気に入って、今思い出してもまた食べたいなぁ~と思うくらいです。
ラクレットもどんな感じか見てみたかったので満足♪
そしてこの日はテラス席で食事したのですが、隣の教会で結婚式をしていて、それを見ながら幸せな気持ちでご飯を食べることができたのでロケーション的にもとってもよかったです。
店員さんも感じがよくって、大満足のご飯でした!


この日もホテルで飲みながらおしゃべりして、バスタブ付きのお部屋だったのでお湯を張ってゆっくりお風呂に入ったりして、早めに就寝しました~♪


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
グリンデルワルト&ツェルマット~ベルン立ち寄り~の旅、二日目♪
~8/22~

この日はいよいよユングフラウヨッホへ!!
この日のプランは、グルンドからロープウェーでメンリッヒェンまで登り、メンリッヒェンからクライネシャイデックまで1~2時間のハイキング。
その後クライネシャイデックからユングフラウヨッホまで登山鉄道で登る、というプランです。


お天気ばっちり!
昨日隠れて見えなかったアイガーもばっちり!
DPP_0646.jpg
グリンデルワルトからはこの景色が見られるので、インターラーケンに宿泊するより断然グリンデルワルトがおすすめです。


この日はお昼までにはクライネシャイデックに到着したかったので、8:30にはホテルを出発!
メンリッヒェンまでのロープウェー乗り場がホテルから徒歩圏内だったのでラッキーでした♪


ロープウェーに乗ってぐんぐん上がります。
DPP_0647.jpg

下に広がる斜面には無数の牛さんが放牧されており、カウベルの音がいいBGMになってなかなか素敵でした♪
徐々に、グリンデルワルトからではアイガーに隠れて見えなかったメンヒとユングフラウが見えてきました。
初めて三山すべてとご対面!
DPP_0648.jpg


メンリッヒェンに着くと、眺望最高でした!
DPP_0676-2.jpg
アイガーとメンヒはこのとき雲に隠れていましたがユングフラウはばっちり!
横のシルバーホルン、形がきれいでケーキみたい…食べたい…
DPP_0678.jpg

他のアルプスの山々も見渡して、満足したのでハイキングを開始しました。
DPP_0677.jpg


今回は、前に行ったリギ山頂~フィッツナウのハイキングが私達には激し過ぎだった教訓を生かして、5日間疲れすぎずずっと楽しめるように、いろいろな人に話を聞いて、景色や植物を楽しむキツすぎないハイキングを目指して、今回のメンリッヒェン~クライネシャイデックのコースを選びました。
結果から言うと、大正解でした!
歩きやすい高低差のほとんどないなだらかな道で、常にアイガー、メンヒ、ユングフラウのいずれかが見え、途中からは三山がせまるように視界に入るという、私達にとっては理想のコースでした。
その分人は多いと思いますので(今回は平日だったのもあってかあんまり人がいなくて快適でした)、もっとガッツリハイキングしたい人は別のルートの方がいいのだろうなと思いました。


メンリッヒェンから歩き出した私達をまず迎えてくれたのは、お決まりの牛さん。
DPP_0679.jpg
う「いってらっしゃい~」
歩いている間、たくさんのかわいいお花や植物に癒されました。
DPP_0681.jpg

DPP_0680.jpg

DPP_0682.jpg

DPP_0684.jpg

DPP_0686.jpg

DPP_0687.jpg


まず見えていたのはアイガーとメンヒ。
DPP_0683.jpg


一度メンヒも隠れ、さらに歩くと三山がお目見え!
DPP_0685-2.jpg
この頃には雲ひとつない快晴になりました。
この絶景ポイントを眺めながら早めのお昼ご飯♪


ここからは割りとすぐにクライネシャイデックに着きました。
いよいよ、登山鉄道にのってユングフラウヨッホへ!!
DPP_0690.jpg


ぐんぐん登っていくので耳が痛くなりました。
途中二度のビューポイントで5分ずつ停車。
DPP_0691.jpg

DPP_0692.jpg

5分しかないから急がねばと、ちょっとせかせか動いたら動悸が~!
空気が薄くなって来たのを実感しました。


そしてついにユングフラウヨッホ到着!
DPP_0693.jpg

一段と空気が薄くてすぐにドキドキするし頭がぼんやりするのでゆっくり動きます。
結構はしゃいでる人もいたのですが、私はキャッキャッしたりは全然無理!って感じだったので、空気が薄いところに強いとか弱いとかあるのかわかりませんが、あるとしたらおそらく弱い方なのでしょう(^-^;)


記念スタンプ♪
DPP_0694.jpg

いよいよスフィンクス展望台へ!
その高さ3454m!!
大学で仙台に行くまで静岡県民だったのに、富士山には登ったことがないので、3000m以上なんて高いところに行ったのは初めてでした!
展望台の外に出ると、見えたのは最高の景色!!
雲ひとつない快晴!
メンヒ。
DPP_0695-2.jpg

ユングフラウ。
DPP_0697.jpg

アレッチ氷河。
DPP_0696.jpg

したの方に人が歩いているのが見えます。
DPP_0704.jpg

グリンデルワルトの街までくっきり。
DPP_0703.jpg

こんなに美しくて壮大なものを見たのは初めてで、本当に言葉にならないくらい感動しました。
この日の気温は-1.3度ととっても寒かったのですが、その寒さを忘れるくらいきれいでした。
DPP_0698.jpg
空気が薄くて、若干頭がぼーっとする中、こんなに素晴らしい景色を見ていると本当に別の世界に来てしまったかのようでした。
いつまでもいつまでも見ていたかったけれど、寒さも限界で展望台を二周してじっくり景色を堪能できたので、中に戻りました。


さらに、スキーやそりなどが楽しめるスポットで、アクティビティはしなかったけれど外に出て景色を眺めて。
一面の白銀世界!
メンヒと私(髪乱れすぎ、笑)。
DPP_0700-2.jpg


再び中に戻ってコースを進むと、アイスパレスが。
DPP_0701.jpg
ここ、氷河の中を削って作られているんだとか。
天井も壁も床も氷なのですべるすべる(笑)


最後にプラトーというところでもう一度外に出ることができました。
たーっぷり3時間、ユングフラウヨッホを堪能して、下界に降りてきました。
はぁ~、呼吸がラク~☆


この日の夕食は何を食べようか~、全然決めていなかったので、日本語観光案内所の方におすすめはどこか聞いてみました。
おすすめしてもらったレストランが、ホテル&レストラン「GLACIER」。
グリンデルワルトの駅から 5~10分ほど下ったところにあります。
ここが、大ヒット!
値段も安くて、おいしくて、店員さんも感じがよかったです♪
なのに、駅から少し外れている立地のせいかがら空き(笑)
ゆったりと食事が楽しめました。
私達が頼んだのは、チーズフォンデュ、一人25フランでパンとジャガイモとフルーツが付いていました。
チーズフォンデュって、日本の鍋的な感覚でほんとは夏に食べるものではないですが、ま、山で涼しいし、食べてみたかったしいっか♪ってことで注文^^
スイスの白ワインとともに♪
白ワインもグラスでひとつ4フランとスイスにしては安いかな?
フルーティーで爽やかなおいしいワインでした。
そしてスイスに来て、初のちゃんとしたチーズフォンデュ♪
DPP_0702.jpg
チーズがとろけておいしーい!
チーズフォンデュはパンのみが一般的みたいですが、日本人的にはジャガイモもあるのがありがたい(笑)
最後までおいしく楽しんで大満足の夕食でした。


この日もちょっとワインを飲みながら一日を振りかえって早めに就寝♪
なんて健康的!


三日目に続きまーす♪


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
グリンデルワルト&ツェルマット~ベルン立ち寄り~の旅、一日目♪
元気に旅行から帰ってきました!
チューリッヒに帰ってきたら、雨で寒くてびっくりしましたが、旅行中はほぼいいお天気で大満喫の5日間でした。
今日は片づけと洗濯、買い出しに追われています(笑)
ゆっくり旅行記を更新したいな、と思っておりますのでお時間のある方ぜひお付き合いくださいませ♪


~8月21日~

まずは、いつもの日帰り旅とおんなじようにお弁当作り。
その場で食べて容器は捨ててこれるように、使い捨て容器で。
というか、パンか何かを買ったときに入れてくれた容器をきれいに洗って再利用(笑)
DPP_0607.jpg


この夏ずっとぐずぐずだったお天気も何とか大丈夫そう!
電車に乗って出発~☆
まずはベルンに向かいます。
首都なのに今まで特に用事がなかったので初めてでした。
スイスに来るまではスイスの首都はチューリッヒかジュネーブだと思っていた私。
ごめんなさい、ベルン!
チューリッヒから約1時間20分でベルンに到着。


ベルン中央駅!
DPP_0608.jpg


さっそユネスコの世界文化遺産にも登録されている旧市街を散策しました。
DPP_0609.jpg


ベーレン広場の牢獄塔。
DPP_0612.jpg


ベーレン広場ではマーケットがやってました♪
DPP_0613.jpg
私はいつもOerlikonのマーケットに行ってるのでそんなに珍しくはなかったのですが、いつも買い出しには来ないうちの主人はマーケット初めて~って興味津々でした。
そうだよ~、これがマーケットだよ~^^


連邦議事堂(ブンデスハウス)。
DPP_0614.jpg


時計塔。
DPP_0616.jpg
仕掛け時計の11時の鐘と12時の鐘を見ました♪
ものすごい豪華なのを想像していったら意外と素朴でした!
最後に鶏が一声鳴くのが、どうも音程が外れててツボ(笑)


アーレ川。
DPP_0620.jpg

町並みも美しいです。
DPP_0619.jpg


大聖堂!
DPP_0642.jpg
工事中だったのがなんとも残念でしたが、それでもきれいでした。
後期ゴシック様式なのだそうです。
初めて見るタイプの大聖堂。
とってもとっても美しかった。
DPP_0621.jpg
工事中だったのがなぁ…と言ってたら、工事中の写真は今しかないからある意味レアでしょ!と超ポジティブマン(主人)参上!
そっかな~と私もかなりの単純人間なのであっさり納得(笑)


さらに旧市街をテクテク。
お店の入り口がこんなところに!
DPP_0610.jpg
半地下のお店がこの下にあります。
こういうお店がたくさんありました。
ちょっと不思議で面白いですよね。


所々にユニークな泉が。
バグパイプ吹きの泉。
DPP_0611.jpg

サムソンの泉。
DPP_0618.jpg

ツェーリンゲンの泉。
DPP_0617.jpg
熊さんの兵士です。

モーゼの泉。
DPP_0622.jpg


こんなのも発見。
DPP_0623.jpg
芸術家の作品らしいのですが、時々上から水が降ってくるのです。
道が濡れてる(笑)
DPP_0624.jpg


しばらく歩いていくと熊公園に到着!
ベルンのシンボルは街の名前の由来にもなっている熊。
くまさーん!
DPP_0625.jpg
上の写真には2頭しか映っていないけれど、3頭いたかな?
(※熊の数え方に関して、~匹、と書いていましたが、熊は~頭と数えるとコメントで教えていただいたので訂正させていただきました。)

水につかって涼み中。
DPP_0626.jpg

お水に浮かぶカリフラワーが取りたい…
DPP_0627.jpg

ざばーん!ちょっとおぼれつつ…
DPP_0628.jpg

無事ゲットして食べてました。
DPP_0629.jpg

仲良し熊さんたちと私。
DPP_0644-2.jpg
こんなに近くで見られるとは!
愛嬌たっぷりの熊さんたち、とってもかわいかったです。


さらに結構急な坂道を10分ほど昇るとバラ公園に到着。
小高い丘になっていて、ベルンの街とアーレ川が見渡せます。
DPP_0631.jpg
なんてきれいなんでしょう。
瓦屋根が連なる旧市街の町並みを主人と二人、のんびり楽しむことができました。
バラ園も、バラの季節はもう終わりかな?と思っていたのですが、ばっちり咲いていました♪
DPP_0632.jpg
ほんっときれい。

たくさんの種類があって、どれもきれいで心癒されました。
DPP_0635.jpg

こんな素敵な場所も。
DPP_0633.jpg

DPP_0634.jpg
ぶらぶらお散歩にはぴったりでした。


ベルンを十分堪能したら、再び電車に乗ってグリンデルワルトを目指します。
ベルンから一時間弱でインターラーケンオストに到着。
ここで乗り換えなので、せっかくなのでインターラーケンの街もぶらぶらしました♪
DPP_0638.jpg

日本語発見。
DPP_0637.jpg

ここからユングフラウが見えるはずだけど…
チラリズム(笑)
DPP_0636.jpg
30分くらい粘ったけど、これ以上無理だったので、再び電車に乗ってグリンデルワルトを目指しました。


車窓から。
DPP_0639.jpg
川が白い!なぜ!?


30分強でグリンデルワルトに到着!
ちょっと雲がかかっているけど、アイガー!!
DPP_0641.jpg
近いっ!!!

シュレックホルンも近い!
DPP_0640.jpg


まずは日本語観光案内所で次の日の切符を買って。
登山鉄道の乗り換えがいろいろあるのですが、次の日の予定をスタッフの方に伝えたら、乗り換えを考慮して切符を取ってくださいました。
時刻表と地図などなどもいただいて明日の準備は万端。
近くのCOOPでお買い物をして、ホテルに向かいました。
今回泊まったホテルはちょっと外れにあるホテル「Bellary」。
朝食つきで2人で二泊CHF 330でした。


チェックインしたら、夕ごはんを食べに再び街へ。
スイスに来て初めての、夕ごはん外食!
ホテル&レストラン「KREUZ&POST」で、私はスイス風カツレツ、シュニッツェルを食べました。
DPP_0645.jpg
主人はテンダーロインステーキ頼んでました。
ここ最近、ステーキ食べたい~と言ってた主人だったのでよかった(笑)
味は、感激するほどおいしかったわけではないですが(笑)、シュニッツェルってこんな感じって知れたのでよかったです。
おうちでも作れそうなので今度やってみようと思いました♪
二人で100フランはしなかったけど、うん、高い(笑)
やっぱり外食は旅行のときの特別イベントだな~と思いました!


その後ホテルに戻り、スイスの白ワインを飲みながら二人でおしゃべして、明日に備えて早めに休みました。
充実の旅行初日でした♪


もしよかったら、ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。